<strike> 文字列に打ち消し線を引く

取り扱い 廃止された要素
カテゴリ なし
親にできる要素
子にできる要素
対応ブラウザ caniuseで確認

このタグは非推奨または廃止になりました。新しく作るウェブサイトへの使用は避けて下さい。また、既存のソースコードの中に含まれている場合は更新をお勧めします。詳しくは現行の標準仕様に従って下さい。

<strike>タグの説明

<strike>は、文字に打ち消し線を引く祭に使用します。しかし、これは見た目だけの装飾であり、HTMLのアップデートを経て廃止されました。似たような効果は、以下のタグで与えられます。

書かれている内容がすでに正確ではなくなったことを表し、訂正のために打ち消し線を引きたい場合には<s>を採用して下さい。

文脈の中で削除された内容かつ痕跡を残しておきたい場合は、<del>を採用して下さい。

<strike>に指定できる主な属性

title="テキスト"
要素のタイトルを設定します。
style="プロパティ:値;"
スタイルを指定します。
id="", class=""
idやclass付けが出来ます。

<strike>の使い方とサンプル

このタグを使ったマークアップのサンプルです。

HTML
文字列の中で<strike>打ち消し線を引きたい場所</strike>に指定して下さい。
表示確認
文字列の中で打ち消し線を引きたい場所に指定して下さい。

<strike>に関連するHTMLタグ

非推奨または廃止になったタグ
<acronym> 略語(頭字語)であることを表す
<applet> JAVAアプレットを埋め込む
<basefont> 文字の基準となるサイズ、色、フォントの指定
<bgsound> 効果音やバックミュージックを鳴らす
<big> 文字をひと周り大きく表示する
<blink> 文字を点滅させる
<center> センタリングする
<command> ページ内のメニューに操作コマンドを設定する
<dir> ディレクトリ・リストを表す
<font> フォントの色や大きさを変える
<frame> フレームに表示するファイルを指定する
<frameset> ウィンドウを分割する
<keygen> フォーム送信時に暗号鍵を発行する
<listing> タグを解釈してソースをそのまま表示する
<marquee> 文字列をスクロールさせる(流れる文字)
<menuitem> コンテキストメニューの項目を作成する
<multicol> 段組みのレイアウトを作成する
<nobr> 自動改行を無効にする
<noembed> プラグインが利用できない環境での表示内容を指定する
<noframes> フレームが表示できない環境での表示内容を指定する
<plaintext> ソースをテキストとしてそのまま表示する
<rb> ルビをふる文字の区切りを指定する
<spacer> ホワイトスペースを挿入する
<strike> 文字列に打ち消し線を引く
<tt> 文字を等幅フォントで表示する
<xmp> ソースをそのまま表示する