アイキャッチ:HTML

HTML学習サイト:初心者でも分かりやすいHTMLタグ一覧と入門リファレンス

ウェブ制作に関する基礎知識やHTMLの書き方について解説を行います。ホームページやブログを自分で作ってみたいと思っている方は、まずHTMLを理解することから始めましょう。ウェブページがどのような仕組みで表示されているのかを知ると、インターネットをより便利に賢く使えるようになります。

よく使うHTMLタグ

必ず使う要素
<html> HTML文書の開始を宣言してドキュメントルートを定義する
<head> ドキュメントのヘッダーを定義する
<title> ウェブページのタイトルを指定する
<meta> ドキュメントに関するメタ情報を追加する
<body> 画面に表示させるページ内容を定義する
基本的な構成に必要な要素
<h1> 〜 <h6> 文書やセクションの見出しを表す
<p> 文章の段落を指定する
<div> ブロックレベル要素としての範囲を指定
<span> インライン要素としての範囲を指定する
<a> リンクを指定する
<img> 画像を表示する
文書構造を組み立てる要素
<article> 自己完結した記事であることを示す
<section> 文書構造におけるセクションを定義する
<aside> 本筋から分離しても問題のない余談や補足を表す
<header> セクションの先頭となるグループを表す
<footer> セクションのフッターを表す
<nav> ページ上の主要なナビゲーションであることを表す

HTMLとは

HTMLという言葉は、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略で、ウェブページを記述するために作られた言語を意味します。その名の通り、テキストを用いて文書の構造や意味関連付けを行うので、特別なソフトウェアは必要ありません。テキストエディタさえあれば、誰でも簡単に、無料で学習することが可能です。その手軽さこそが、HTMLの魅力でもあります。

HTMLの仕様は、W3Cによって1999年に勧告されたHTML4.01が、長い間メジャーバージョンでしたが、現在はHTML5を経て HTML Living Standard が主流になっています。これから学び始める方は、現行の標準仕様であることを確認しましょう。