CSS入門:初心者にも簡単に理解できる基礎知識やルールを解説します

まず初めに

CSSは、HTMLで作られたウェブページの装飾や表示形式を指定する言語です。ブラウザがウェブページを読み込んだ時に、各要素をどのように配置し、どのように描画するかをデザインできる仕組みを備えています。ウェブ制作の世界では、HTMLとCSSは必須の技術となります。まずは、基本的な仕組みから学び、ブラウザがそれをどのように解釈するのかを理解していきましょう。

CSSの機能は非常に多彩です。標準仕様に組み込まれているプロパティは軽く100種類を超えます。それらを使いこなせるようになれば、ほぼ思い通りのウェブページが作成できます。最初から全ての機能を把握する必用はありません。先人の作ったウェブサイトやガイドとなる情報を活用して、効率よく学んでいきましょう。

これからCSSを学ぼうとしている方は、基礎知識から読み進めていってください。

CSSリファレンス

CSSって何? 初めての方でも分かる超基礎知識を解説します
CSSの書き方 CSSの書き方について基本的な解説です
CSSの特徴 CSSの特徴を理解して有効に活用しましょう
CSSで使えるセレクタ セレクタとはスタイルを適用する対象を指定するものです
CSSで使える単位 CSSで使える単位の一覧です
ブロックレベルとインライン ブロックレベル要素とインライン要素について詳しく解説
idとclassについて 要素にidとclassで名前を付ける
余白と外枠の関係 余白や外枠を指定する際のコツについて
DOCTYPE宣言・DOCTYPEスイッチ [!DOCTYPE]の使い方について
ユニバーサルセレクタ(*)について ユニバーサルセレクタ(全称セレクタ)を使えば全てのタグを一括で指定できます