<menuitem> ユーザーが操作可能なポップアップ型のコンテキストメニューの項目

取り扱い 廃止された要素
カテゴリ なし
親にできる要素 type属性に"context"が付与された<menu>
子にできる要素 なし
対応ブラウザ caniuseで確認

このタグは非推奨または廃止になりました。新しく作るウェブサイトへの使用は避けて下さい。また、既存のソースコードの中に含まれている場合は更新をお勧めします。詳しくは現行の標準仕様に従って下さい。

<menuitem>タグの説明

<menuitem>は、ユーザーが操作可能なポップアップ型のコンテキストメニューの項目を作成する祭に使用します。基本的には、type属性に"context"が付与された<menu>の子要素として扱うことを想定しています。

この要素の仕様は不確定です。本番環境で使用する祭は、ブラウザの実装状況を確認して下さい。

<menuitem>タグの特徴

  • レイアウトの初期値はブロックレベルです。文章の改行に影響を与えます。
  • 視覚的な効果は特定されていません。ブラウザの実装状況に依存します。
  • 同一のページ内に複数使うことができます。コンテキストメニューの記述ルールに従って下さい。

<menuitem>に指定できる主な属性

type
コマンドの種類を設定します。
  • command:何らかのアクションを設定したコマンド
  • checkbox:チェックボックス型のコマンド
  • radio:ラジオボタン型のコマンド
label
コマンドの名前を定義します。
checked
選択されている状態を表します。この属性は論理属性です。
default
メニューのサブジェクト要素と同じコマンドを使用する場合に指定します。この属性は論理属性です。
disabled
無効にしたい項目に指定します。この属性は論理属性です。
command
別の要素のidを指定し、間接的に実行するコマンドを選択します。checked、disabled、icon、label、radiogroup、type属性を含むメニューアイテムでは使用できません。
icon
コマンドを象徴するアイコンを設定する場合に指定します。
radiogroup
type属性が"radio"の場合、選択されたときにラジオボタンを切り替えるコマンドのグループの名前を指定します。
グローバル属性
基本的に全てのHTML要素に指定できる共通の属性です。
イベントハンドラ
基本的に全てのHTML要素に指定できるコンテンツ属性です。

<menuitem>の使い方とサンプル

<menu>によるコンテキストメニューを作成した場合のイメージです。標準仕様では実装されていないため、ソースコードのみ掲載します。

HTML
<menu type="context" id="menu_sample">
	<menuitem type="command" onclick="menu_play()">再生</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_stop()">停止</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_prev()">前の曲</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_next()">次の曲</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_paus()">一時停止</menuitem>
		<hr>
	<menuitem type="command" onclick="menu_speed(0.5)">0.5倍速</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_speed(1.0)">1.0倍速</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_speed(1.5)">1.5倍速</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_speed(2.0)">2.0倍速</menuitem>
	<menuitem type="command" onclick="menu_speed(3.0)">3.0倍速</menuitem>
</menu>

<menuitem>に関連するHTMLタグ

リストを作成する要素
<ul> 順序のないリストを作成する
<ol> 順序のあるリストを作成する
<dl> 定義リストを作成する
<dt> 定義リストの用語を表す
<dd> 定義リストの中で説明文を記載する
<menu> ユーザーが操作可能なメニューを提供する
<menuitem> コンテキストメニューの項目を作成する