<plaintext> ソースをテキストとしてそのまま表示する

取り扱い 廃止された要素
カテゴリ なし
親にできる要素
子にできる要素
対応ブラウザ caniuseで確認

このタグは非推奨または廃止になりました。新しく作るウェブサイトへの使用は避けて下さい。また、既存のソースコードの中に含まれている場合は更新をお勧めします。詳しくは現行の標準仕様に従って下さい。

<plaintext>タグの説明

<plaintext>は、この要素で囲まれた全ての文字列を純粋なテキストとして扱います。これはHTMLやスクリプトも機械が実行可能な命令とみなさない形で一律に可視化されるという意味です。

ただし、HTML4.0以後のバージョンでこのタグは廃止されました。代わりに<pre>を使用して下さい。

<plaintext>に指定できる主な属性

title
要素のタイトルを設定します。
グローバル属性
全てのHTML要素に指定できる共通の属性です。詳細は一覧表で解説します。
イベントハンドラ
全てのHTML要素に指定できるコンテンツ属性です。

<plaintext>の使い方とサンプル

このタグを使ったマークアップのサンプルです。対応していないブラウザでは無視されます。また、一部のブラウザでは開始タグ以降の文字列が全てプレーンテキストとして扱われ、終了タグを置いても効かないバグが発生します。そのため、使用すること自体を控えて下さい。

HTML
<plaintext>
改行や      スペースを

そのまま    表示します。
</plaintext>

<plaintext>に関連するHTMLタグ

非推奨または廃止になったタグ
<acronym> 略語(頭字語)であることを表す
<applet> JAVAアプレットを埋め込む
<basefont> 文字の基準となるサイズ、色、フォントの指定
<bgsound> 効果音やバックミュージックを鳴らす
<big> 文字をひと周り大きく表示する
<blink> 文字を点滅させる
<center> センタリングする
<command> ページ内のメニューに操作コマンドを設定する
<dir> ディレクトリ・リストを表す
<font> フォントの色や大きさを変える
<frame> フレームに表示するファイルを指定する
<frameset> ウィンドウを分割する
<keygen> フォーム送信時に暗号鍵を発行する
<listing> タグを解釈してソースをそのまま表示する
<marquee> 文字列をスクロールさせる(流れる文字)
<menuitem> コンテキストメニューの項目を作成する
<multicol> 段組みのレイアウトを作成する
<nobr> 自動改行を無効にする
<noembed> プラグインが利用できない環境での表示内容を指定する
<noframes> フレームが表示できない環境での表示内容を指定する
<plaintext> ソースをテキストとしてそのまま表示する
<rb> ルビをふる文字の区切りを指定する
<spacer> ホワイトスペースを挿入する
<strike> 文字列に打ち消し線を引く
<tt> 文字を等幅フォントで表示する
<xmp> ソースをそのまま表示する