grid-template-columns:グリッドの列方向の名称や寸法を定義する

初期値 none
適用対象 グリッド・コンテナ
継承 しない
アニメーション <length>値、<percentage>値、calc();
対応ブラウザ caniuseで確認

grid-template-columnsプロパティの説明

grid-template-columnsは、グリッドの列方向に作成されるグリッド・ラインの名称やグリッド・トラックの寸法を定義します。

ここで指定された値は、アイテムの配置基準となります。このプロパティ自体は、コンテナ要素に与えます。行方向の指定を行う場合は、grid-template-rowsを使用して下さい。

grid-template-columnsに指定できる値

none
明示的なグリッドを作成しません。全ての列は暗黙的に生成されます。それらのサイズはgrid-auto-columnsで定義します。これが初期値です。
<custom-ident>
予約語を除く任意の文字列でグリッド・ラインの名称を定義します。一つの行には、角括弧([ ])で囲われたスペース区切りの名前をリストで持つことができます。
<length>
CSSで使用できる長さを表すデータ型の値です。負の値は扱えません。
<percentage>
コンテナの寸法との相対的な割合を示す値です。コンテナの寸法がトラックの寸法に依存する場合は、この値をautoとして扱う必要があります。負の値は扱えません。
<flex>
frの単位で示すフレックス係数を用いた値です。この寸法のトラックは、残りの空間をフレックス係数の割合に比例して分け合います。
max-content
グリッド・トラックを占有しているアイテムの中で、コンテンツの寸法が最大のものを参照します。
min-content
グリッド・トラックを占有しているアイテムの中で、コンテンツの寸法が最小のものを参照します。
minmax(min, max)
min以上、max以下の寸法を定義する関数です。minよりもmaxの方が小さい場合、maxは無視されminとして扱われます。
auto
トラックの寸法を自動で計算します。最大値であれば、max-contentと同一のキーワードです。最小値であれば、トラックを占めるアイテムの中で最小の寸法 (min-width / min-height) を表します。
fit-content( [ <length> | <percentage> ] )
min(max-content, max(auto, _argument_))の式で計算します。autoと同じくminmax(auto, max-content)で計算されますが、トラックの寸法がautoの最小値よりも大きい場合はargumentでクランプされます。
repeat( [ <positive-integer> | auto-fill | auto-fit ] , <track-list> )
トラックリストの繰り返しパターンをよりコンパクトな形式で記述します。
subgrid
グリッドがその軸に親グリッドのスパン部分を採用することを示します。グリッドの行や列のサイズは、明示的に指定されるのではなく、親グリッドの定義から取得されます。

grid-template-columnsの使い方とサンプル

grid-template-columnsプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* キーワード値 */
grid-template-columns: none;

/* <track-list>値 */
grid-template-columns: 100px 1fr;
grid-template-columns: repeat(3, 100px);
grid-template-columns: minmax(100px, 1fr);
grid-template-columns: fit-content(50%);
grid-template-columns: [gl-name] 100px;
grid-template-columns: [gl-name1] 100px [gl-name2 gl-name3];
grid-template-columns: subgrid;
grid-template-columns: masonry;

/* <auto-track-list>値 */
grid-template-columns: 200px repeat(auto-fill, 100px) 300px;
grid-template-columns: minmax(100px, max-content)
					   repeat(auto-fill, 200px) 20%;
grid-template-columns: [gl-name1] 100px [gl-name2]
					   repeat(auto-fit, [gl-name3 gl-name4] 300px)
					   100px;
grid-template-columns: [gl-name1 gl-name2] 100px
					   repeat(auto-fit, [gl-name1] 300px) [gl-name3];

/* グローバル値 */
grid-template-columns: inherit;
grid-template-columns: initial;
grid-template-columns: revert;
grid-template-columns: unset;

grid-template-columnsの実例

それでは実際にgrid-template-columnsプロパティの書き方を見ていきましょう。最初の例は、3つの列に分割された領域にアイテムを配置する祭に、左右の幅を100pxに固定し、真ん中のアイテムを可変式にしたものです。

resizeに対応しているブラウザであれば、コンテナの幅を変えることができます。右下に表示されているハンドルを掴んで、挙動を確認して下さい。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
	display: grid;
	grid-template-columns: 100px 1fr 100px;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
}
#item_a {
	background-color: #ff7f7f;
}
#item_b {
	background-color: #e5ff7f;
}
#item_c {
	background-color: #7fffb2;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div id="item_a">100px</div>
	<div id="item_b">1fr</div>
	<div id="item_c">100px</div>
</div>

ここで注目すべき点は、アイテムの幅が自身によるものではなく、コンテナのgrid-template-columnsによって制御されている点です。グリッド・レイアウトはコンテナに引かれたグリッド・ラインと、それによって生成されたグリッド・エリアにアイテムを貼り付けるようにイメージすると分かりやすいでしょう。ちょうど画鋲に糸をくくりつけて石膏ボードにマッピングしていく方法に似ています。

同じパターンの繰り返し

続いて同じパターンを繰り返す方法を見て行きましょう。以下の例では、最初に配置する3つのアイテムを同じ幅で表示し、それに続くアイテムを自動的な寸法で表示します。このような指定はrepeat()の関数を使って行います。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
	display: grid;
	grid-template-columns: repeat(3,100px) auto;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
}
#item_a {
	background-color: #ff7f7f;
}
#item_b {
	background-color: #e5ff7f;
}
#item_c {
	background-color: #7fffb2;
}
#item_d {
	background-color: #7fb2ff;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div id="item_a">100px</div>
	<div id="item_b">100px</div>
	<div id="item_c">100px</div>
	<div id="item_d">auto</div>
</div>

auto-fillとauto-fitの比較

コンテナの幅が狭まった時にアイテムを折り返して配置する方法があります。この時に使用するのはauto-fillauto-fitですが、2つの違いを確認するために並べて比較してみましょう。

以下の例は、最小幅100pxのグリッド・トラックを持つコンテナにアイテムを配置したものです。このコンテナの幅を縮小していった時に、アイテムの幅が100pxを下回りそうになると、アイテムは自動的に折り返して配置されます。どちらも似たような挙動ですが、auto-fillはアイテムの幅と等倍の余白が生成されるのに対して、auto-fitは、コンテナの余白を埋めるようにアイテムを伸長させます。

表示確認
CSS
h2{
	margin: 1rem 0 .5rem 0;
	font-size: 1rem;
}
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
	display: grid;
}
#grid_fill {
	grid-template-columns: repeat(auto-fill, minmax(100px, 1fr));
}
#grid_fit {
	grid-template-columns: repeat(auto-fit, minmax(100px, 1fr));
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
}
#item_a {
	background-color: #ff7f7f;
}
#item_b {
	background-color: #e5ff7f;
}
#item_c {
	background-color: #7fffb2;
}
#item_d {
	background-color: #7fb2ff;
}
HTML
<h2>auto-fill</h2>
<div class="grid_box" id="grid_fill">
	<div id="item_a">Item</div>
	<div id="item_b">Item</div>
	<div id="item_c">Item</div>
	<div id="item_d">Item</div>
</div>
<h2>auto-fit</h2>
<div class="grid_box" id="grid_fit">
	<div id="item_a">Item</div>
	<div id="item_b">Item</div>
	<div id="item_c">Item</div>
	<div id="item_d">Item</div>
</div>

グリッド・エリアに名前を付けて幅を指定する

grid-template-areasを使用すると、名前付きのグリッド・エリアを作成できます。grid-template-columnsだけの指定では、アイテムの配置は抽象的に行われるものでしたが、グリッド・エリアとアイテムを具体的な固有名詞で結びつけることによって、どのアイテムがどれくらいの大きさで表示されるかが明確に指定できるようになります。

以下の例は、汎用的なカラム構造のサイトをグリッド・レイアウトで作成したものです。少し冗長なマークアップが含まれていますが、これは各プロパティがどのような役目を果たしているのかを理解するためです。実際に運用する祭は、ショートハンド・プロパティを活用するなどして、省略できる場所を見つけていきましょう。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: both;
	display: grid;
	grid-template-areas: "header header"
						 "main nav"
						 "footer footer";
	grid-template-rows: 50px 1fr 50px;
	grid-template-columns: 1fr 150px;
	gap: 10px;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
	color: #fff;
}
#item_header {
	grid-row-start: header;
	grid-row-end: header;
	grid-column-start: header;
	grid-column-end: header;
	background-color: #f60;
}
#item_main {
	grid-row-start: main;
	grid-row-end: main;
	grid-column-start: main;
	grid-column-end: main;
	background-color: #fc0;
	min-height: 150px;
}
#item_nav {
	grid-row-start: nav;
	grid-row-end: nav;
	grid-column-start: nav;
	grid-column-end: nav;
	background-color: #6f0;
	min-height: 100px;
}
#item_footer {
	grid-row-start: footer;
	grid-row-end: footer;
	grid-column-start: footer;
	grid-column-end: footer;
	background-color: #09f;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div id="item_header">header</div>
	<div id="item_main">main</div>
	<div id="item_nav">nav</div>
	<div id="item_footer">footer</div>
</div>

grid-template-columnsに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content コンテナの交差軸または列方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
align-items コンテナに含まれる全てのアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self コンテナに含まれるアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び方向を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap グリッド・コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッド・アイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを指定する
grid-auto-flow グリッド・アイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを指定する
grid-column-end グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッド・アイテムの列方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-row-end グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッド・アイテムの行方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-template-areas グリッド・コンテナの中に名前つきのグリッド・エリアを作成する
grid-template-columns グリッドの列方向の名称や寸法を定義する
grid-template-rows グリッドの行方向の名称や寸法を定義する
grid-template グリッド・レイアウトのテンプレートに関する指定をまとめて行う
grid グリッド・レイアウトに関するコンテナのプロパティを一括で指定する
justify-content コンテナの主軸または行方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
order フレックスやグリッドのコンテナに並ぶアイテムの順序を指定する
orphans ページや段組みカラムの最下部に表示されるブロックの最小行数を制御する