grid:グリッド・レイアウトに関するコンテナのプロパティを一括で指定する

初期値 各プロパティの初期値
適用対象 グリッド・コンテナ
継承 しない
アニメーション 各プロパティの値に基づく
対応ブラウザ caniuseで確認

gridプロパティの説明

gridは、グリッド・レイアウトに関するコンテナのプロパティを一括で指定します。

グリッド・レイアウトは、displayの値にgridを指定された要素がコンテナとなり、子に配置された要素をアイテムとして扱うフローです。ここで解説するgridプロパティは、コンテナとなる要素に対して指定します。

グリッド・コンテナで操作できる機能は、アイテムの配置や寸法に関与します。各機能の値は以下のプロパティによって個別に指定できます。gridはこれらの値を一括で操作するショートハンド・プロパティです。

gridに指定できる値

<'grid-template'>
grid-templateに該当する値です。これには、grid-template-areasgrid-template-columnsgrid-template-rowsが含まれます。詳しい値の解説は各プロパティのページを参照して下さい。
<'grid-template-rows'> / [ auto-flow && dense ] <'grid-auto-columns'>
grid-template-rowsを明示し、grid-template-columnsにはnoneが適用されます。grid-auto-columnsで暗黙の列サイズを指定し、grid-auto-rowsにはautoが適用されます。auto-flowが設定されると、grid-auto-flowの値がcolumnになります。denseは空白が生まれる場合に埋めようとする高密度なパッキングアルゴリズムを表すオプションです。
[ auto-flow && dense ] <'grid-auto-rows'> / <'grid-template-columns'>
grid-template-columnsを明示し、grid-template-rowsにはnoneが適用されます。grid-auto-rowsで暗黙の列サイズを指定し、grid-auto-columnsにはautoが適用されます。

gridの使い方とサンプル

gridプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* <'grid-template'> */
grid: none;
grid: 100px / 200px;
grid: "area1" 100px "area2" 1fr;
grid: [line-name1] "area1" 100px [line-name2];
grid: "area1" 200px "area2" min-content;
grid: "area1" minmax(100px, max-content) "area2" 25%;

/* <'grid-template-rows'> / [ auto-flow && dense ] <'grid-auto-columns'> */
grid: 100px / auto-flow;
grid: 50% / auto-flow dense;
grid: repeat(3, [line1 line2 line3] 180px) / auto-flow 40%;
grid: [line1] minmax(200px, max-content) / auto-flow dense 20rem;

/* [ auto-flow && dense ] <'grid-auto-rows'> / <'grid-template-columns'> */
grid: auto-flow / 40rem;
grid: auto-flow dense / 30%;
grid: auto-flow 300px / repeat(3, [line1 line2 line3] 200px);
grid: auto-flow dense 40% / [line1] minmax(20em, max-content);

/* グローバル値 */
grid: inherit;
grid: initial;
grid: revert;
grid: unset;

gridの実例

それでは実際にgridプロパティの書き方を見ていきましょう。最初に示す内容はgridの値にnoneを指定し、全てのグリッドを無効にしたコンテナに6つのアイテムを配置した場合の挙動です。

この時点では、当然ブロック要素は通常のフローと同じように改行が行われて重なります。ただし、この時点でグリッド・レイアウトのアイテムとして配置されているため、コンテナの高さを変えるとアイテムの寸法も伸縮します。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: both;
	display: grid;
	grid: none;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #fff;
	background: #09f;
	color: #fff;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div>1</div>
	<div>2</div>
	<div>3</div>
	<div>4</div>
	<div>5</div>
	<div>6</div>
</div>

グリッド・トラックを作成する

続いて、グリッドの値を変更してアイテムの並びを変えてみましょう。以下の例では、行方向に自動寸法の高さを持つ3本のトラックを引き、列方向に自動寸法を持つ2本のトラックを引きます。その結果、コンテナは6マスのエリアに分割され、各アイテムが順番通りに収まります。

表示確認
CSS
.grid_box {
	/* 他のプロパティは変更なし */
 	grid: repeat(3, auto) / auto auto;
}

CSSの変更箇所は上記の通りです。これはgridを使ってgrid-templateの機能を操作していることを意味し、内容はgrid-template-rowsの値とgrid-template-columnsの値をスラッシュ区切りで記述したものとなっています。

グリッド・レイアウトのフローを操作する

グリッド・アイテムが配置されていく順番は、フローの方向によって決まります。先ほどまでの内容では、grid-auto-flowの値を省略していたために、初期値であるrowが適用されていました。これをcolumnに変えるには、gridプロパティの値にauto-flowという値を追加します。

表示確認
CSS
.grid_box {
	/* 他のプロパティは変更なし */
 	grid: repeat(3, auto) / auto-flow auto auto;
}

上記の指定によって、アイテムが並ぶ順序が変わりました。auto-flowが指定されていないサンプルでは、アイテムはインライン方向である行に沿って並びます。auto-flowが指定された後のサンプルでは、アイテムはブロック方向である列に沿って並びます。

auto-flowを記述する箇所は、目的によって変わる点に注意して下さい。上記の場合、先頭のgrid-template-rowsの機能は保持され、スラッシュ移行の値が暗黙的なグリッドを表すgrid-auto-columnsに変化します。

auto-flowの後にdenseを追加すると、アイテムの個別指定などでグリッドに空白が生まれる場合に、できるだけそれを埋めようとする高密度なパッキングアルゴリズムが働きます。

gridに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content コンテナの交差軸または列方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
align-items コンテナに含まれる全てのアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self コンテナに含まれるアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び方向を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap グリッド・コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッド・アイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを指定する
grid-auto-flow グリッド・アイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを指定する
grid-column-end グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッド・アイテムの列方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-row-end グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッド・アイテムの行方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-template-areas グリッド・コンテナの中に名前つきのグリッド・エリアを作成する
grid-template-columns グリッドの列方向の名称や寸法を定義する
grid-template-rows グリッドの行方向の名称や寸法を定義する
grid-template グリッド・レイアウトのテンプレートに関する指定をまとめて行う
grid グリッド・レイアウトに関するコンテナのプロパティを一括で指定する
justify-content コンテナの主軸または行方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
order フレックスやグリッドのコンテナに並ぶアイテムの順序を指定する
orphans ページや段組みカラムの最下部に表示されるブロックの最小行数を制御する