columns:段組み要素に関するプロパティを一括で指定する

初期値 auto
適用対象 ブロックレベル要素。ただし、Table Wrapper Boxの場合は無効
継承 しない
アニメーション <length>値、<integer>値
対応ブラウザ caniuseで確認

columnsプロパティの説明

columnsは、段組み要素に関するプロパティを一括で指定します。要素の内容を分割する祭に使用する段数と段の幅をまとめて制御できます。

段組みレイアウトは、新聞や雑誌といった印刷物における限られた紙面の中で文章を効率的に配置する方法です。同じセクションに属する図面や文章を複数の段に分けて配列します。

columnsは、flexボックスやgridレイアウトがブロックレベル要素のレイアウトに適しているのに対して、要素の内容やテキストそのもののレイアウトに有効です。特に、文章構造やアウトラインを変えずに段組みの構成だけを変えられる点に魅力があります。

columns関連のプロパティの充実によって、CSSだけで簡単にマルチカラムのレイアウトを組めるようになりました。特に、プリントアウトを想定する媒体や、雑誌や新聞のレイアウトをモチーフにしたウェブマガジンなどで効果を発揮します。ぜひ有効に活用して下さい。

段の数に関する詳しい内容は、column-countプロパティで解説を行います。段の幅に関する詳しい内容は、column-widthプロパティで解説を行います。

columnsに指定できる値

<'column-count'>
段組みをする祭に内容を分割する数を指定します。キーワードのauto<integer>値が使用できます。この値は、あくまでブラウザに目安を与えるものであり、要素全体の幅や内容の量によって表示が異なります。初期値はautoです。
<'column-width'>
段組みをする祭に目安となる幅を指定します。キーワードのauto<length>値が使用できます。この値は、あくまでブラウザに目安を与えるものであり、要素全体の幅や内容の量によって表示が異なります。初期値はautoです。

columnsの使い方とサンプル

columnsプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* 段の数 */
columns: auto;
columns: 3;

/* 段の幅 */
columns: 100px;
columns: 24rem;

/* 段数と幅の指定 */
columns: 3 auto;
columns: auto 32em;
columns: auto auto;

/* グローバル値 */
columns: inherit;
columns: initial;
columns: revert;
columns: unset;

columnsの実例

それでは実際にcolumnsプロパティの書き方を見ていきましょう。水平方向が可変式になっている段組み要素に、段の数と幅を指定した時の挙動を確認します。

resizeに対応しているブラウザであれば、要素の右下にハンドルが表示されるはずです。これを掴んで要素の幅を変えてみて下さい。

表示確認
CSS
.samp_box {
	overflow: auto;
	padding: 0 1rem 1rem;
	background: #eee;
	resize: horizontal;
}
.samp_box > h2 {
	margin: 1rem 0 0;
	font-size: 1rem;
}
.samp_box > p {
	margin-top: 1rem;
	padding: .3rem;
	background: #fff;
	column-rule: 1px solid #999;
}
#column_1 {
	columns: auto auto;
}
#column_2 {
	columns: 3 100px;
}
#column_3 {
	columns: 6 6rem;
}
HTML
<section class="samp_box">
	<h2>columns: auto auto;</h2>
	<p id="column_1">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。</p>
	<h2>columns: 3 100px;</h2>
	<p id="column_2">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。</p>
	<h2>columns: 6 6rem;</h2>
	<p id="column_3">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。</p>
</section>

columnsに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content flexコンテナ内の縦に余白がある場合にflexアイテムの並べ方を指定する
align-items flexコンテナ内に含まれる全てのflexアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self flexコンテナ内にあるflexアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び順を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッドアイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを制御する
grid-auto-flow グリッドアイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを制御する
grid-column-end グリッドアイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッドアイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッドレイアウトのカラムに関する指定を行う
grid-row-end グリッドアイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッドアイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッドレイアウトの行に関する指定を行う
grid-template-areas グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-columns グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-rows グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid グリッド関連の値を一括で指定する
justify-content flexboxコンテナ内でのボックスの詰め方を指定する
order flexbox内のボックスの配置順序を指定する