grid-auto-flow:グリッド・アイテムの自動配置方法を制御する

初期値 row
適用対象 グリッド・コンテナ
継承 しない
アニメーション 離散値
対応ブラウザ caniuseで確認

grid-auto-flowプロパティの説明

grid-auto-flowは、グリッド・アイテムが自動的に配置される方法を制御します。グリッド・レイアウトのフローが適用されたコンテナの中で、アイテムがはみ出す場合に指定された値に従って行や列を追加します。

指定できる値は単一のキーワードか、半角スペースで区切った2つのキーワードです。省略した場合は、行方向に対して順番通りに自動的に配置されます。

grid-auto-flowに指定できる値

row
必要に応じて新しい行を追加しながら、アイテムは各行を順番通りに埋めて配置されます。これが初期値です。
column
必要に応じて新しい列を追加しながら、アイテムは各行を順番通りに埋めて配置されます。
dense
グリッドの空白をできるだけ早くアイテムで埋めようとします。これは高密度なパッキングアルゴリズムと表現されます。場合によってはアイテムが順不同で並びます。

grid-auto-flowの使い方とサンプル

grid-auto-flowプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* キーワード値 */
grid-auto-flow: row;
grid-auto-flow: column;
grid-auto-flow: dense;
grid-auto-flow: row dense;
grid-auto-flow: column dense;

/* グローバル値 */
grid-auto-flow: inherit;
grid-auto-flow: initial;
grid-auto-flow: revert;
grid-auto-flow: unset;

grid-auto-flowの実例

それでは実際にgrid-auto-flowプロパティの書き方を見ていきましょう。以下の例では、行と列に2つのグリッド・トラックを持つコンテナを扱います。ここにアイテムを5つ並べた場合、grid-auto-flowの値が初期値のrowであれば、行方向に沿って順番通りに配置されます。言い換えると、アイテムはインライン方向に向かって並びます。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
	display: grid;
	grid-template: repeat(2, 1fr) / repeat(2, 1fr);
	grid-auto-columns: 200px;
	grid-auto-flow: row;
	gap: 10px;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
	color: #fff;
}
#item_1 {
	background-color: #f60;
}
#item_2 {
	background-color: #fc0;
}
#item_3 {
	background-color: #6f0;
}
#item_4 {
	background-color: #09f;
}
#item_5 {
	background-color: #60f;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div id="item_1">1</div>
	<div id="item_2">2</div>
	<div id="item_3">3</div>
	<div id="item_4">4</div>
	<div id="item_5">5</div>
</div>

一見すると何の特徴もない凡庸なグリッド・レイアウトですが、明示されたグリッドに対してアイテムの数が超過しているために暗黙のグリッドが発生しています。それでは、コンテナに指定されている grid-auto-flowの値をcolumnに変えてみます。どのように表示されるでしょうか。

表示確認

今度は列方向に沿ってアイテムが順番通りに配置されました。言い換えると、ブロック方向に向かって並んでいます。並ぶ方向に従い追加される暗黙のグリッドの位置も変化しているのが分かります。

では、アイテムに個別の位置指定を加えた場合の挙動を確認します。1つ目のアイテムにgrid-row-startプロパティを加えて列方向の2番目のグリッド・ラインに配置します。同じようにアイテムの4番目にgrid-row-endプロパティを加えて行方向の2 番目のグリッド・ラインに配置します。grid-auto-flowrowに戻します。

表示確認

1つ目のアイテムはボックスは開始位置がrow方向の2番目に指定されています。4つ目のアイテムはボックスの終了位置がrow方向の2番目に指定されています。そのため、お互いの順序が入れ替わり、それ以外のアイテムを押しのけるように配置されています。

これと全く同じ状態で、grid-auto-flowの値をcolumnに変更すると、どのように表示されるでしょうか。

表示確認

コンテナがアイテムを並べるフローが列から行へと変わりました。ここで注目すべき点は、グリッドに空の領域が発生したことです。このような状況で空白を詰めて配置したい場合にdenseが役立ちます。この値は単体で使用することもできますが、row densecolumn denseのようにオプションとして付け加えることができます。

上記の内容にdenseを追加すると、移動可能なアイテムが空白を埋めようとします。グリッドの中で配置位置を固定したいアイテムと、移動しても問題ないアイテムが混在しているレイアウトなどで有効な手段となるはずです。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
	display: grid;
	grid-template: repeat(2, 1fr) / repeat(2, 1fr);
	grid-auto-columns: 200px;
	grid-auto-flow: column dense;
	gap: 10px;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
	color: #fff;
}
#item_1 {
	grid-row-start: 2;
	background-color: #f60;
}
#item_2 {
	background-color: #fc0;
}
#item_3 {
	background-color: #6f0;
}
#item_4 {
	grid-row-end: 2;
	background-color: #09f;
}
#item_5 {
	background-color: #60f;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div id="item_1">1</div>
	<div id="item_2">2</div>
	<div id="item_3">3</div>
	<div id="item_4">4</div>
	<div id="item_5">5</div>
</div>

grid-auto-flowに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content コンテナの交差軸または列方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
align-items コンテナに含まれる全てのアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self コンテナに含まれるアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び方向を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap グリッド・コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッド・アイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを指定する
grid-auto-flow グリッド・アイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを指定する
grid-column-end グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッド・アイテムの列方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-row-end グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッド・アイテムの行方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-template-areas グリッド・コンテナの中に名前つきのグリッド・エリアを作成する
grid-template-columns グリッドの列方向の名称や寸法を定義する
grid-template-rows グリッドの行方向の名称や寸法を定義する
grid-template グリッド・レイアウトのテンプレートに関する指定をまとめて行う
grid グリッド・レイアウトに関するコンテナのプロパティを一括で指定する
justify-content コンテナの主軸または行方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
order フレックスやグリッドのコンテナに並ぶアイテムの順序を指定する
orphans ページや段組みカラムの最下部に表示されるブロックの最小行数を制御する