grid-row-end:グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する

初期値 auto
適用対象 グリッド・レイアウトのフローに属するアイテム、または絶対位置指定されたボックス
継承 しない
アニメーション 離散値
対応ブラウザ caniuseで確認

grid-row-endプロパティの説明

grid-row-endは、グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定します。displayプロパティの値にgridを指定されたグリッド・コンテナの中でアイテムを配置する祭に使用します。

アイテムの配置には、グリッド・ラインやグリッド・エリアを指定できます。これらはコンテナ要素で定義されており、grid-row-endはアイテム要素に付与します。類似のプロパティには以下のものがあり、それぞれ行と列方向の開始と終端の位置を操作します。

grid-row-endに指定できる値

auto
アイテムの配置を自動で行います。プロパティは行方向の並びに関与しません。間隔は自動的に決まるか、既定値の1となります。
<custom-ident>
名前付きのグリッド・エリアがある場合に、その名称を指定すると<custom-ident>-endという名前の付いた線が暗黙で定義されます。または、あらかじめそのような線が用意されている場合、指定された線の先頭がグリッド・アイテムの配置に関わります。
<integer> && <custom-ident>
名前付きのグリッド・エリアや線がある場合に、何番目か位置指定を行い配置に使用します。負の数が指定された場合は、逆方向にカウントして明示的なグリッドの末尾の端から始めます。
span && [<integer> || <custom-ident>]
アイテムの終了位置が開始位置から数えて何番目のグリッドになるのかを指定します。<custom-ident>-endとして名前が与えられた場合、その名前の付いたグリッド・ラインのみがカウントされます。該当する線が十分に存在しない場合、検索方向に対応する全ての暗黙的なグリッド・ラインが、その区間をカウントするために名前を持つものとみなされます。

grid-row-endの使い方とサンプル

grid-row-endプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* キーワード値 */
grid-row-end: auto;

/* <custom-ident>値 */
grid-row-end: area_name;

/* <integer> <custom-ident> */
grid-row-end: 2;
grid-row-end: area_name 4;

/* span <integer> <custom-ident> */
grid-row-end: span 3;
grid-row-end: span area_name;
grid-row-end: 3 area_name span;

/* グローバル値 */
grid-row-end: inherit;
grid-row-end: initial;
grid-row-end: revert;
grid-row-end: unset;

grid-row-endの実例

それでは実際にgrid-row-endプロパティの書き方を見ていきましょう。以下の例は、grid-templateで4 つのグリッド・エリアを作成したコンテナの中に、5つのアイテムを並べたものです。明示したグリッドよりもアイテムの数が多い場合は、暗黙的なグリッド・ラインが自動的に作成されます。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
	display: grid;
	grid-template: repeat(2, 1fr) / repeat(2, 1fr);
	grid-auto-columns: 200px;
	gap: 10px;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
	color: #fff;
}
#item_1 {
	background-color: #f60;
}
#item_2 {
	background-color: #fc0;
}
#item_3 {
	background-color: #6f0;
}
#item_4 {
	background-color: #09f;
}
#item_5 {
	background-color: #60f;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div id="item_1">1</div>
	<div id="item_2">2</div>
	<div id="item_3">3</div>
	<div id="item_4">4</div>
	<div id="item_5">5</div>
</div>

通常は記述した順序でアイテムが並びますが、grid-row-endを使って特定のアイテムの配置位置を変えてみます。1つ目のアイテムのボックスの終端をコンテナの下側に寄せるようにgrid-row-end: 4;を追加します。

グリッド・ラインはグリッド・エリアの開始位置と終了位置の両方に作成されるため、コンテナを2つに分割した場合は、合計で3本のグリッド・ラインが指定対象となります。ここで指定した4は5つ目のアイテムによって作成された暗黙的なグリッド・ラインでコンテナの一番下に引かれたものです。

表示確認

これで、1つ目のアイテムが下側に寄せて配置されました。他のプロパティは操作していないため、大きさを維持したまま移動しています。同時に、他のアイテムの位置も自動的に調整されています。

ちなみに、grid-column-endを追加して3を指定すると、列方向にアイテムが移動します。

表示確認

このように、特定のアイテムをグリッドに配置する祭に、任意の場所を指定することができます。行を対象にするのか、列を対象にするのか、アイテムの開始位置を基準に指定するのか、終了位置を基準に指定するのか、その場面に合ったやり方で自由に操作できます。

他にも、グリッド・エリアの名前を指定して配置する方法があります。まず、コンテナに指定したgrid-template-areasでグリッドのエリア名を定義します。その名前を使って各アイテムの配置を定めています。ここで紹介する内容は、少し過剰な記述となっています。これは個々のプロパティの役目を直感的に理解するためです。実際に使用する場合は、冗長な箇所を推敲する必用があります。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
	display: grid;
	grid-template-areas: "header header"
						 "main nav"
						 "footer footer";
	grid-template-rows: 50px 1fr 50px;
	grid-template-columns: 1fr 150px;
	gap: 10px;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	background: #09f;
	color: #fff;
}
#item_header {
	grid-row-start: header;
	grid-row-end: header;
	grid-column-start: header;
	grid-column-end: header;
	background-color: #f60;
}
#item_main {
	grid-row-start: main;
	grid-row-end: main;
	grid-column-start: main;
	grid-column-end: main;
	background-color: #fc0;
	min-height: 150px;
}
#item_nav {
	grid-row-start: nav;
	grid-row-end: nav;
	grid-column-start: nav;
	grid-column-end: nav;
	background-color: #6f0;
	min-height: 100px;
}
#item_footer {
	grid-row-start: footer;
	grid-row-end: footer;
	grid-column-start: footer;
	grid-column-end: footer;
	background-color: #09f;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div id="item_header">header</div>
	<div id="item_main">main</div>
	<div id="item_nav">nav</div>
	<div id="item_footer">footer</div>
</div>

grid-row-endに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content コンテナの交差軸または列方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
align-items コンテナに含まれる全てのアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self コンテナに含まれるアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び方向を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap グリッド・コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッド・アイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを指定する
grid-auto-flow グリッド・アイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを指定する
grid-column-end グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッド・アイテムの列方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-row-end グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッド・アイテムの行方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-template-areas グリッド・コンテナの中に名前つきのグリッド・エリアを作成する
grid-template-columns グリッドの列方向の名称や寸法を定義する
grid-template-rows グリッドの行方向の名称や寸法を定義する
grid-template グリッド・レイアウトのテンプレートに関する指定をまとめて行う
grid グリッド・レイアウトに関するコンテナのプロパティを一括で指定する
justify-content コンテナの主軸または行方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
order フレックスやグリッドのコンテナに並ぶアイテムの順序を指定する
orphans ページや段組みカラムの最下部に表示されるブロックの最小行数を制御する