flex-direction:フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び順を指定する

初期値 row
適用対象 フレックス・コンテナ
継承 しない
アニメーション 離散値
対応ブラウザ caniuseで確認

flex-directionプロパティの説明

flex-directionは、フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び順を指定します。ここで指定する値は、フレックス・ボックス・モジュールのアイテムとしてレイアウトされる全ての子要素に影響します。

フレックス・ボックスを扱う時は、垂直方向と水平方向、つまり縦と横という考え方ではなく、主軸(main axis)と交差軸(cross axis)という概念を使います。主軸はコンテナ内の空間でアイテムの並び順を決定する軸です。通常は行と同じ横へ伸びます。交差軸は主軸に対して垂直に交わる軸で、通常は列と同じ縦へ伸びます。これらには、先頭から末尾へと流れる向きがあります。つまり、主軸の方向や向きが変われば、交差軸が表す意味も変わります。

flex-directionは、この主軸の方向や向きを定義するものです。ここで指定された値が基準となってアイテムが配置されます。フレックス・ボックスを使う祭は、よく理解しておくことを推奨します。

flex-directionに指定できる値

row
コンテナの主軸を行方向と同じ横に伸ばします。main-startおよびmain-endの位置は、コンテンツの書字方向と同じになります。
column
コンテナの主軸を列方向と同じ縦に伸ばします。main-startおよびmain-endの位置は、writing-modeにおけるbeforeおよびafterの位置と同じになります。
row-reverse
コンテナの主軸をrowと同じにし、main-startおよびmain-endの位置を逆にします。
column-reverse
コンテナの主軸をcolumnと同じにし、main-startおよびmain-endの位置を逆にします。

flex-directionの使い方とサンプル

flex-directionプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* 主軸を行方向に指定 */
flex-direction: row;

/* 主軸を列方向に指定 */
flex-direction: column;

/* 行方向の逆向き */
flex-direction: row-reverse;

/* 列方向の逆向き */
flex-direction: column-reverse;

/* グローバル値 */
flex-direction: inherit;
flex-direction: initial;
flex-direction: revert;
flex-direction: unset;

flex-directionの実例

それでは実際にflex-directionプロパティの書き方を見ていきましょう。以下の例では、単純なフレックス・ボックスを用意して、コンテナに異なる値のflex-directionを指定した場合の挙動です。アイテムの並び方や方向が変わっているのが確認できます。

表示確認
CSS
h2 {
	margin-top: 1rem;
	font-size: 1rem;
}
.flex_box {
	overflow: auto;
	display: flex;
	gap: 1rem;
	margin-top: 1rem;
	padding: 1rem;
	background: #eee;
}
.flex_item {
	width: 100px;
	padding: .3rem;
	background: #09f;
	color: #fff;
	flex: 1 1 auto;
}
.fd_1 {
	flex-direction: row;
}
.fd_2 {
	flex-direction: column;
}
.fd_3 {
	flex-direction: row-reverse;
}
.fd_4 {
	flex-direction: column-reverse;
}
HTML
<h2>flex-direction: row;</h2>
<div class="flex_box fd_1">
	<div class="flex_item">1</div>
	<div class="flex_item">2</div>
	<div class="flex_item">3</div>
</div>

<h2>flex-direction: column;</h2>
<div class="flex_box fd_2">
	<div class="flex_item">1</div>
	<div class="flex_item">2</div>
	<div class="flex_item">3</div>
</div>

<h2>flex-direction: row-reverse;</h2>
<div class="flex_box fd_3">
	<div class="flex_item">1</div>
	<div class="flex_item">2</div>
	<div class="flex_item">3</div>
</div>

<h2>flex-direction: column-reverse;</h2>
<div class="flex_box fd_4">
	<div class="flex_item">1</div>
	<div class="flex_item">2</div>
	<div class="flex_item">3</div>
</div>

flex-directionに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content flexコンテナ内の縦に余白がある場合にflexアイテムの並べ方を指定する
align-items flexコンテナ内に含まれる全てのflexアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self flexコンテナ内にあるflexアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び順を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッドアイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを制御する
grid-auto-flow グリッドアイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを制御する
grid-column-end グリッドアイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッドアイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッドレイアウトのカラムに関する指定を行う
grid-row-end グリッドアイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッドアイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッドレイアウトの行に関する指定を行う
grid-template-areas グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-columns グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-rows グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid グリッド関連の値を一括で指定する
justify-content flexboxコンテナ内でのボックスの詰め方を指定する
order flexbox内のボックスの配置順序を指定する