grid-area:グリッド・アイテムの配置位置を決定する基準を一括で指定する

初期値 各プロパティの初期値
適用対象 グリッド・レイアウトのフローに属するアイテム、または絶対位置指定されたボックス
継承 しない
アニメーション 離散値
対応ブラウザ caniuseで確認

grid-areaプロパティの説明

grid-areaは、グリッド・レイアウトのフローに属するアイテムの配置位置を定める基準を一括で指定します。アイテムの配置位置は、コンテナによって作成された明示あるいは暗黙の基準線に沿ったものとなり、行と列のそれぞれに開始位置と終了位置を定めることで指定します。

grid-areaは、グリッド・アイテムの配置位置と大きさを決定する4つのプロパティを一括で操作するショートハンド・プロパティです。個別に指定する場合は以下のプロパティを使用して下さい。

grid-areaに指定できる値

auto
アイテムを自動で配置するか、既定値の1を適用するキーワードです。
<custom-ident>
コンテナに名前つきの基準線が明示されている場合に指定できます。
<integer> && <custom-ident>
対象となる基準線を番号付きで指定します。負の数値が指定された場合は、逆方向にカウントしていき、明示的なグリッドの末尾から始めます。
span && [<integer> || <custom-ident>]
グリッドの領域をまたぐスパンの数を使って、列側の先頭が末尾の端から何番目になるのかを示します。

grid-areaの使い方とサンプル

grid-areaプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* キーワード値 */
grid-area: auto;
grid-area: auto / auto;
grid-area: auto / auto / auto;
grid-area: auto / auto / auto / auto;

/* <custom-ident>値 */
grid-area: area-name;
grid-area: area-one / area-two;

/* <integer> && <custom-ident> */
grid-area: 3 area-name;
grid-area: 3 area-one / 2 area-two;

/* span && [ <integer> || <custom-ident> ] */
grid-area: span 3;
grid-area: span 3 / span area-name;
grid-area: 3 span / area-name span;

/* グローバル値 */
grid-area: inherit;
grid-area: initial;
grid-area: revert;
grid-area: unset;

grid-areaの実例

それでは実際にgrid-areaプロパティの書き方を見ていきましょう。以下のグリッド・コンテナは、行と列に4つのグリッド・ラインを引いたために16のエリアを持っています。その中に3つのアイテムを配置し、それぞれの位置をgrid-areaで指定しています。

表示確認
CSS
.grid_box {
	overflow: auto;
	display: grid;
	grid-template: repeat(4, 1fr) / repeat(4, 1fr);
	padding: 1rem;
	background: #eee;
	text-align: center;
	resize: horizontal;
}
.grid_box > div {
	padding: .3rem;
	border: 1px solid #666;
	color: #fff;
}
.ga_1 {
	grid-area: auto;
	background: #f90;
}
.ga_2 {
	grid-area: 2 / 2;
	background: #9f0;
}
.ga_3 {
	grid-area: 3 / 3 / span 2 / span 2;
	background: #09f;
}
HTML
<div class="grid_box">
	<div class="ga_1">auto</div>
	<div class="ga_2">2 / 2</div>
	<div class="ga_3">3 / 3 / span 2 / span 2</div>
</div>

grid-areaに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content コンテナの交差軸または列方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
align-items コンテナに含まれる全てのアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self コンテナに含まれるアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び方向を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap グリッド・コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッド・アイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを指定する
grid-auto-flow グリッド・アイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを指定する
grid-column-end グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッド・アイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッド・アイテムの列方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-row-end グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッド・アイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッド・アイテムの行方向に関する配置や寸法を一括で指定する
grid-template-areas グリッド・コンテナの中に名前つきのグリッド・エリアを作成する
grid-template-columns グリッドの列方向の名称や寸法を定義する
grid-template-rows グリッドの行方向の名称や寸法を定義する
grid-template グリッド・レイアウトのテンプレートに関する指定をまとめて行う
grid グリッド・レイアウトに関するコンテナのプロパティを一括で指定する
justify-content コンテナの主軸または行方向に余白がある場合にアイテムの並べ方を指定する
order フレックスやグリッドのコンテナに並ぶアイテムの順序を指定する
orphans ページや段組みカラムの最下部に表示されるブロックの最小行数を制御する