align-self:フレックス・ボックスに配置されたアイテムの位置揃えを個別に指定する

初期値 auto
適用対象 フレックス・アイテム、グリッド・アイテム、絶対位置指定のブロックレベル要素
継承 しない
アニメーション 離散値
対応ブラウザ caniuseで確認

align-selfプロパティの説明

align-selfは、フレックス・ボックスの交差軸またはグリッドのブロック軸に対してアイテムの寄せ方や余白の取り方を個別に指定します。具体的には、align-itemsの値を上書きします。

align-itemsがコンテナの行に含まれるアイテムの位置を一括で揃えるのに対して、align-selfは個別にアイテムを選んで配置の仕方を調整します。そのため、このプロパティの適用対象はアイテムとなる要素です。

通常、コンテナの主軸は横方向であるため、交差軸は縦方向になります。コンテナの交差軸のマージンがautoの場合、align-selfは無視されます。

align-selfに指定できる値

auto
コンテナのalign-itemsの値に従います。
start
アイテムを交差軸の開始側に向かって寄せます。
end
アイテムを交差軸の終端側に向かって寄せます。
center
アイテムをコンテナの交差軸に対して行の中央に配置します。アイテムの大きさが包含ラインを超える場合、両方向に均等にはみ出します。
flex-start
アイテムをコンテナの交差軸に対して行の先頭側に寄せて配置します。
flex-end
アイテムをコンテナの交差軸に対して行の末尾側に寄せて配置します。
self-start
アイテムは交差軸の開始側に向かって行内の端に詰めて配置されます。
self-end
アイテムは交差軸の終端側に向かって行内の端に詰めて配置されます。
baseline, first baseline, last baseline
アイテムをコンテナの行のベースラインに沿って配置します。
stretch
アイテムをコンテナの行を満たすように引き伸ばします。
safe
他の値と半角スペースで区切って併用します。アイテムの配置に不具合が生じた場合に、配置モードをstartとみなします。
unsafe
他の値と半角スペースで区切って併用します。アイテムの配置に不具合が生じた場合にも、指定した値を尊重します。

align-selfの使い方とサンプル

align-selfプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* キーワード */
align-self: auto;
align-self: stretch;

/* 位置による配置 */
align-self: start;
align-self: end;
align-self: center;
align-self: flex-start;
align-self: flex-end;
align-self: self-start;
align-self: self-end;

/* ベースラインによる配置 */
align-self: baseline;
align-self: first baseline;
align-self: last baseline;

/* オーバーフローの制御 */
align-self: safe center;
align-self: unsafe center;

/* グローバル値 */
align-self: inherit;
align-self: initial;
align-self: revert;
align-self: unset;

align-selfの実例

それでは、実際にalign-selfの書き方を見ていきましょう。コンテナにいくつかのアイテムを設置し、align-selfの値を変更した場合の挙動は以下の通りです。

CSS
#flex_container {
	display: flex;
	flex-wrap: wrap;
	align-items: start;
	width: 240px;
	height:200px;
	background-color: #ccc;
}
div > div {
	width: 50px;
	min-height: 50px;
	box-sizing: border-box;
	border: 1px solid #999;
	display: flex;
	align-items: center;
	justify-content: center;
}
#item1 {
	align-self: flex-start;
	background-color: #fc605b;
}
#item2 {
	align-self: flex-end;
	background-color: #fcc15b;
}
#item3 {
	align-self: center;
	background-color: #76fc5b;
}
#item4 {
	align-self: stretch;
	background-color: #5b96fc;
}
#item5 {
	align-self: first baseline;
	background-color: #805bfc;
}
#item6 {
	align-self: last baseline;
	background-color: #e15bfc;
}
HTML
<div id="flex_container">
	<div id="item1">1</div>
	<div id="item2">2</div>
	<div id="item3">3</div>
	<div id="item4">4</div>
	<div id="item5">5</div>
	<div id="item6">6</div>
</div>
表示確認

align-selfに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content flexコンテナ内の縦に余白がある場合にflexアイテムの並べ方を指定する
align-items flexコンテナ内に含まれる全てのflexアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self flexコンテナ内にあるflexアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び順を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッドアイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを制御する
grid-auto-flow グリッドアイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを制御する
grid-column-end グリッドアイテムの列側の終端位置を指定する
grid-column-start グリッドアイテムの列側の開始位置を指定する
grid-column グリッドレイアウトのカラムに関する指定を行う
grid-row-end グリッドレイアウトの行側の終端位置を指定する
grid-row-start グリッドレイアウトの行側の開始位置を指定する
grid-row グリッドレイアウトの行に関する指定を行う
grid-template-areas グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-columns グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-rows グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid グリッド関連の値を一括で指定する
justify-content flexboxコンテナ内でのボックスの詰め方を指定する
order flexbox内のボックスの配置順序を指定する