column-fill:段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する

初期値 balance
適用対象 段組み要素
継承 しない
アニメーション 離散値
対応ブラウザ caniuseで確認

column-fillプロパティの説明

column-fillは、段組み指定された要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定します。段組み指定とはcolumns関連のプロパティによってマルチカラム化することで、column-countに指定した値が段組みの数となります。

column-fillは、分割されたカラムに対して内容をどのように流し込むのかを決めます。基本的には、全体のバランスを取るのか、先頭に詰めていくのかを選択します。

この機能は、要素の高さが決まっていなければ効果がありません。例えば、新聞や雑誌のように紙面であらかじめ文字数が決まっている枠に原稿を流し込む作業に向いています。

column-fillに指定できる値

auto
内容は段に対して順に埋まります。レイアウトに余裕がある時は、空の段が発生することがあります。
balance
内容は段に対して均等に分配されます。ページ付きメディアでは、最後の断片のみが均等に分割されます。
balance-all
内容は段に対して均等に分配されます。ページ付きメディアでは、全ての断片が均等に分割されます。

column-fillの使い方とサンプル

column-fillプロパティの構文は以下の通りです。

CSS
/* キーワード値 */
column-fill: auto;
column-fill: balance;
column-fill: balance-all;

/* グローバル値 */
column-fill: inherit;
column-fill: initial;
column-fill: revert;
column-fill: unset;

column-fillの実例

それでは実際にcolumn-fillプロパティの書き方を見ていきましょう。以下の例では、幅と高さが決まっている要素に段組み指定を足して、そこへ文字を流し込んだ時の挙動を確かめます。

表示確認
表示確認

autoの場合は、内容を先頭から詰めていき、空のカラムが発生してもそのままにします。一方、balanceの方は、できるだけ均等にカラムが埋まるように内容が分配されています。その代わり、要素の高さに達していないカラムが並ぶため、別途スタイルの調整が必用となります。

上記のサンプルで使用したソースコードは以下の通りです。それぞれ、<p>要素のid属性に付与したcolumn-fillの値だけを変えています。

CSS
.samp_box {
	overflow: auto;
	padding: 0 1rem 1rem;
	background: #eee;
}
h2{
	margin: 1rem 0 0;
	font-size: 1rem;
}
.samp_box p {
	width: 300px;
	height: 6em;
	padding-left: .3rem;
	background: #fff;
	column-count: 3;
	column-rule: solid 3px;
}
#cf_1 {
	column-fill: auto;
}
#cf_2 {
	column-fill: balance;
}
HTML
<section class="samp_box">
	<h2>column-fill: auto;</h2>
	<p id="cf_1">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。</p>
	<p id="cf_1">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。</p>
	<p id="cf_1">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。まみむめもやゆよ。</p>
</section>

<section class="samp_box">
	<h2>column-fill: balance;</h2>
	<p id="cf_2">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。</p>
	<p id="cf_2">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。</p>
	<p id="cf_2">あいうえおかきくけこ。さしすせそたちつてと。なにぬねのはひふへほ。まみむめもやゆよ。</p>
</section>

column-fillに関連するCSSプロパティ

段組み・カラムレイアウト
align-content flexコンテナ内の縦に余白がある場合にflexアイテムの並べ方を指定する
align-items flexコンテナ内に含まれる全てのflexアイテムに対して揃える位置を指定する
align-self flexコンテナ内にあるflexアイテムの位置揃えを個別に指定する
columns 段組み要素に関するプロパティを一括で指定する
column-count 段組み要素の内容を分割する数を指定する
column-fill 段組み要素の高さに対して内容をどのように分配するかを指定する
column-gap 段組み要素の段と段の隙間を指定する
column-rule 段組み要素の罫線のスタイルを一括で指定する
column-rule-color 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の色を指定する
column-rule-style 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の形状を指定する
column-rule-width 段組み要素の段と段の間に引かれる罫線の太さを指定する
column-span 段組み要素の中で全ての段にまたがるレイアウトを指定する
column-width 段組み要素の段に対して目安の幅を指定する
flex フレックス・アイテムの伸縮率や基準となる寸法を一括で指定する
flex-basis フレックス・アイテムの基準となる寸法を指定する
flex-direction フレックス・コンテナの主軸方向やアイテムの並び順を指定する
flex-flow フレックス・コンテナがアイテムをレイアウトするフローをまとめて指定する
flex-grow フレックス・アイテムが伸長する倍率を指定する
flex-shrink フレックス・アイテムが伸縮する倍率を指定する
flex-wrap フレックス・コンテナに入り切らないアイテムの折り返し方法を指定する
gap コンテナに含まれるアイテムの行や列の隙間を指定する
grid-area グリッドアイテムの配置に関する基準を一括で指定する
grid-auto-columns 暗黙的に作成されたグリッド列のサイズを制御する
grid-auto-flow グリッドアイテムの配置方法を指定する
grid-auto-rows 暗黙的に作成されたグリッド行のサイズを制御する
grid-column-end グリッドアイテムを配置する祭に列方向の終了位置を指定する
grid-column-start グリッドアイテムを配置する祭に列方向の開始位置を指定する
grid-column グリッドレイアウトのカラムに関する指定を行う
grid-row-end グリッドアイテムを配置する祭に行方向の終了位置を指定する
grid-row-start グリッドアイテムを配置する祭に行方向の開始位置を指定する
grid-row グリッドレイアウトの行に関する指定を行う
grid-template-areas グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-columns グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template-rows グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid-template グリッドレイアウトのテンプレートに関する指定を行う
grid グリッド関連の値を一括で指定する
justify-content flexboxコンテナ内でのボックスの詰め方を指定する
order flexbox内のボックスの配置順序を指定する