<abbr> 略語(頭字語以外)であることを表す

取り扱い 現行の標準
カテゴリ フロー・コンテンツ
フレージング・コンテンツ
パルパブル・コンテンツ
親にできる要素 フレージング・コンテンツを受け入れる要素
子にできる要素 フレージング・コンテンツ
対応ブラウザ caniuseで確認

<abbr>タグの説明

<abbr>は、このタグで囲んだ文字列が略語である事を表します。「abbr」という文字列自体が、英語で略語を表す「abbreviation」を短縮したものとなっています。

該当する略語が表す正規の文字列をtitle属性の値として追記することが可能です。そこに書かれた文字列は、ブラウザに直接表示されるわけではありませんが、マウスカーソルを合わせるとツールチップとして表示されます。

対象となるパターンは、HTTP(HyperText Transfer Protocol)やHTML(Hypertext Markup Language)などです。単語の頭字語で全てが構成された略語、例えばBBS(Bulletin Board System)やBCC(Blind Carbon Copy)の場合は、<acronym>を使用することが推奨されていましたが、これは現在廃止されており、<abbr>に役目が統合されています。

<abbr>タグの特徴

  • レイアウトの初期値はインラインです。文章の改行には影響を与えません。
  • 視覚的な効果は特に与えられませんが、title属性を設定した場合に文字列の下部に破線が引かれます(ブラウザによる)。
  • 同一のページ内に複数使うことができます。ただし、この要素自体を入れ子にすることはできません。

<abbr>に指定できる主な属性

title="略語の元の文字列"
任意で略語の元の文字列を追記できます。
グローバル属性
全てのHTML要素に指定できる共通の属性です。詳細は一覧表で解説します。
イベントハンドラ
全てのHTML要素に指定できるコンテンツ属性です。

<abbr>の使い方とサンプル

このタグを使ったマークアップのサンプルです。title属性は任意ですが、可能な限り追記しておきましょう。title属性が付与されている場合、文字列の下部に破線が引かれます。

HTML
<div>
それでは、<abbr title="Hypertext Markup Language">HTML</abbr>ファイルを実際に作ってみましょう!
</div>
表示確認
それでは、HTMLファイルを実際に作ってみましょう!

<abbr>に関連するHTMLタグ

文字列をグループ化して意味を与える要素
<abbr> 略語(頭字語以外)であることを表す
<address> 連絡先(問い合わせ先)として扱う
<blockquote> 複数行にまたがる長文の引用を表す
<cite> 出典先、参照先を表す
<code> プログラムやスクリプトとして扱う
<data> 文字列に機械的な識別情報を与える
<del> 文章の中で削除された部分として扱う
<dfn> 定義用語として扱う
<em> 意味を強調する
<hgroup> 見出しに付随する副題やキャッチフレーズをグループ化する
<hr> 段落に区切りを与えて水平線(罫線)を引く
<i> 文章の中で慣用句や特定の用語を表す
<ins> 文章の中で新たに追加された部分を表す
<kbd> キーボード入力される文字であることを示す
<main> 文章の中で主要な内容であることを示す
<q> 行に収まる程度の短い引用を表す
<s> 正確ではなくなった内容であることを表す
<samp> プログラムによる出力結果のサンプルとして扱う
<small> 細則のような付帯注釈を表す
<strong> 重要な情報として扱う
<time> 日付や時刻を正確に示す
<u> 文字列に注釈があることを示し下線(アンダーライン)を引く
<var> 変数や引数として扱う