ウェブランサー

<hr> 区切り線(罫線)を引く

対応ブラウザ
IE7対応IE8対応Firefox対応Chrome対応Opera対応Safari対応
タイプ ブロックレベル要素
取り扱い 標準

<hr>タグは、任意の所で区切り線(罫線)を引くために使用します。一応ブロックレベル要素として存在しているため、見出しや段落の子要素として扱う事は出来ません。当然自動的に改行が付きます。

また、hrはそれ自体で一つの要素になるため、終了タグがありません。初期値では、影の付いた若干立体的な線で表示されます。属性を与える事で、ある程度自由な見た目に設定出来ます。(スタイルシート推奨)

<hr>タグに指定できる属性

color="#値"
線の色を指定出来ます。
width="値"
pxや%で線の幅を指定する事が出来ます。
size="値"
pxや%で線の太さを指定する事が出来ます。
style="プロパティ:値;"
スタイルを指定します。
id="", class=""
idやclass付けが出来ます。

<hr>の使用サンプル

HTML
仕切り線を引きます。<br />
<hr />
仕切り線を装飾します。<br />
<hr color="#ff0000" width="300" size="10" />
表示確認
仕切り線を引きます。


仕切り線を装飾します。

※表示サンプルのためスタイルシートで装飾しています。

<hr>に関連するHTMLタグ

コンテンツグループ要素
<blockquote> 引用文であることを表す(長文用)
<dd> 定義した用語の説明を記述する
<details> ユーザーのリクエストに応じて追加情報を提供するディスクロージャー・ウィジェットを設置する
<div> ブロックレベル要素としての範囲を指定
<dl> 定義リストであることを表す
<dt> 定義する用語を表す
<figcaption> 参照される写真や図表にキャプションを追加する
<figure> 写真や図表などの自己完結した要素を表す
<hr> 区切り線(罫線)を引く
<li> リストの項目を表示する
<menu> リストをメニューとして扱う
<ol> 順序のあるリストを定義する
<p> 段落を指定する
<pre> ソースを整形済みテキストとして表示する
<summary> 詳細内容(<details>)の要約や概要を設定する
<template> ページ読み込み後にスクリプトの実行によって挿入可能な要素を定義する
<ul> 順序のないリストを定義する