ウェブランサー

<abbr> 略語(頭字語以外)であることを表す

取り扱い 標準
カテゴリ フロー・コンテント
フレージング・コンテント
パルパブル・コンテント
親にできる要素 フレージング・コンテンツを受け入れる要素
子にできる要素 フレージング・コンテンツ
対応ブラウザ <abbr>の対応状況を確認する

<abbr>タグの説明

<abbr>は、<abbr>から</abbr>で囲んだ文字列が略語である事を表します。その略語が表す正規の文字列をtitle属性の値として記述します。

ここに書かれた文字は、ブラウザに直接表示されるわけではありませんが、マウスカーソルを合わせるとツールチップとして表示されます。この挙動から、あくまで補足情報を提供するために用いるもののようです。その略語の意味を確実に利用者へ伝えたい場合には、別の方法を用いるべきだと言えます。

対象となるパターンは、HTML (Hypertext Markup Language) や、W3C (World Wide Web Consortium) などです。単語の頭字語で全てが構成された略語、例えばBBS(Bulletin Board System)やBCC(Blind Carbon Copy)の場合は、<acronym>タグを使用します。

<abbr>タグに指定できる属性

title="文字列"
略語の内容を記入します。
style="プロパティ:値;"
スタイルを指定します。
id="", class=""
idやclass付けが出来ます。

<abbr>の使い方とサンプル

<abbr>を使ったマークアップのサンプルです。

HTML
それでは、<abbr title="Hypertext Markup Language">HTML</abbr>ファイルを実際に作ってみましょう!
表示確認
それでは、HTMLファイルを実際に作ってみましょう!

<abbr>に関連するHTMLタグ

テキストの意味付け要素
<a> リンクを指定する
<abbr> 略語(頭字語以外)であることを表す
<b> 文字を太文字にする
<br> 改行を行う
<bdi> ページの書字方向とは別の書字方向を指定する
<bdo> 書字方向を指定する
<cite> 出典先、参照先を表す
<code> プログラムやスクリプトとして扱う
<dfn> 定義用語として扱う
<em> 強調する
<i> 文字を斜体(イタリック)にする
<kbd> キーボード入力される文字であることを示す
<mark> 文章内のテキストをハイライトして目立たせる
<q> 引用文であることを表す(短文用)
<rb> ルビをふる文字を指定する
<ruby> ルビの範囲を指定する
<rp> ルビを囲む記号を指定する
<rt> ルビの内容を指定する
<rtc> ルビテキストの集まりを指定する
<s> 正確ではなくなった内容であることを表す
<samp> プログラムによる出力結果のサンプルとして扱う
<small> 細則のような付帯注釈を表す
<span> インライン要素としての範囲を指定する
<strong> 重要な情報として扱う
<sub> 下付き文字として表示する
<sup> 上付き文字として表示する
<time> 日付や時刻を正確に示す
<u> 文字に下線(アンダーライン)を引く
<var> 変数や引数として扱う
<wbr> <nobr>内での改行位置の指定(NN独自)