ウェブランサー

Cascading Style Sheets

CSS(スタイルシート)の解説とプロパティ一覧

このサイトでは、ウェブページを作るためにHTMLと並んで必要となる、CSSの仕組みや書き方について説明しています。スタイルシート(Style Sheet)は、HTMLやXHML、XMLといったウェブドキュメントのマークアップに対して、その表示形式を制御するために定義された言語です。CSSとは「Cascading Style Sheets」の略称であり、スタイルシートの中で最も一般的に知られている形式です。ここでは「スタイルシート=CSS」として説明します。

よく使うCSSプロパティ

レイアウトやボックス制御
height 要素の高さを指定する
width ボックス領域の幅を指定する
padding 要素の内側の余白を指定する
margin 要素の外側の余白(マージン)を指定する
display 要素の表示形式を指定する
float 要素を右または左へ寄せて配置する
position 要素の配置方法について相対的か絶対的にするかを指定する
top positionに従って要素を配置する際に、上辺からの距離を指定する
right positionに従って要素を配置する際に、右辺からの距離を指定する
bottom positionに従って要素を配置する際に、底辺からの距離を指定する
left positionに従って要素を配置する際に、左辺からの距離を指定する
z-index 要素の重なり順序を指定する
要素の装飾
border 要素の周囲にボーダー(枠線)を付ける
background 背景に関する指定をまとめて行う
テキスト関連
color 文字の色を指定する
text-align 内包する要素に対して横位置の揃え方を指定する
line-height 行の高さを指定する
font-size 文字フォントのサイズ(大きさ)を指定する
font-weight 文字フォントの太さを指定する
font-family 文字フォントファミリー(フォントの種類)を指定する
text-decoration 文字列に装飾線や点滅を指定する