ウェブランサー

これは単なるエピソード1に過ぎない『[映]アムリタ』野崎まどの書評 このエントリーのはてなブックマーク数

[映]アムリタ
[映]アムリタ

[映]アムリタ

著者
野崎まど
出版社
メディアワークス文庫
初版
2009/12/16

 この小説を読み始めたら最後、あなたは巨大な世界へ引きずり込まれることになる。いったい何の? 「野崎まどワールド」の、である。

『[映]アムリタ』は、2009年に電撃小説大賞の一部門として新設された「メディアワークス文庫賞」の、最初の受賞作品として選ばれた野崎まどのデビュー作だ。本書はラノベ風の装丁を纏い、ラノベ風の文体で書かれているが故に、「ライトノベルは読まない」と一線を引いてしまっている人が取りこぼしてしまう領域にある。

 しかし、メディアワークス文庫は一般文芸読者にも受け入れられるようなエンターテインメント作品の創出を目的に作られたレーベルだ。筒井康隆も『涼宮ハルヒの消失』に刺激を受けてメタ的ライトノベルを書いてしまうくらいだから、SFファンならずとも押さえておいて損のない一冊となっている。

続きを読む

GDPとは何か?『コレキヨの恋文 ― 新米女性首相が高橋是清に国民経済を学んだら』三橋貴明・さかき漣(著)書評 このエントリーのはてなブックマーク数

コレキヨの恋文
コレキヨの恋文

コレキヨの恋文

著者
三橋貴明・さかき漣
出版社
小学館
初版
2012/3/28(ソフトカバー)

 GDPとは何か――この質問に回答することができなかった経済学の入門者も、それを十分に理解している識者にとっても、最高に「感動できる」政治・経済エンタメ小説。

 本書は、経済系の書籍で書かれる内容を、物語の形で語っているため、硬い文面が苦手な読者でも気軽に読み進めることができるようになっている。私たちが暮らしている国家という枠組みの中で、経済という機能がどのような役割を果たしているのか知りたいという人にこそ読んで欲しい一冊。

続きを読む

米原万里にしか書けなかった傑作『オリガ・モリソヴナの反語法』書評 このエントリーのはてなブックマーク数

オリガ・モリソヴナの反語法
オリガ・モリソヴナの反語法

オリガ・モリソヴナの反語法

著者
米原万里
出版社
集英社文庫
初版
2002/10/4(単行本)

 これほど教養に満ちた小説がどれくらいあるのだろうか。

 著者の米原万里は、ロシア語の通訳者として第一線で活躍したことで知られ、海外での豊富な経験を活かして多くのエッセイを残している。私はこの作品を読むまで、通訳を生業とする者が一体どのような文体で物語を紡ぎ出すのか意識していなかった。そればかりか、この作品のタイトルや表紙からは、物語の像が見えづらいために、買ってからずっと放置していたのである。

 結論から言うと、この小説は米原万里にしか書けない傑作だった。そして、生涯忘れることのない登場人物と出会える作品でもあった。惜しむらくは、彼女にとって本作が最初で最後の「長辺小説」になってしまったこと。だからこそ、読者にとって生涯のうちに何度も読み返す「名作」たり得る一冊になった。

続きを読む

テレビアニメ版『けものフレンズ』を構造分析的アプローチで徹底考察!その面白さは7000文字でも語りきれない このエントリーのはてなブックマーク数

テレビアニメ『けものフレンズ』

 2017年冬アニメで一番話題になっている『けものフレンズ』。なぜこれほどまでにこの作品が話題になっているのかを綴った論考は多数見受けられるが、純粋に物語の構造を分析した情報は少ない。しかし、この作品を見れば見るほど優れた「構造」がそこにあるように思える。そこで今回は、『けものフレンズ』を構造分析的に見るというアプローチを通して、この作品の面白さを考えてみたいと思う。

 本文は、作品に新たな発見や楽しみ方のバリエーションを加えることを目的としている。ネタバレを極力含まない形で書かれているが、公開されている作品を一通り見た後で読む方が望ましい。これはあくまで作品を見る時の視点をいくつか提供するものだ。当然、人によってもっと別の解釈があってかまわない。この文章を通して『けものフレンズ』の楽しみ方に少しでも広がりが生まれることを期待する。

※以下の文章では内容を優先するため敬称(◯◯ちゃん)を略す

続きを読む

圧倒的に読みやすい「新訳」でもう一度読み直す『ソクラテスの弁明』プラトン(著)書評・読書レビュー このエントリーのはてなブックマーク数

ソクラテスの肖像
ソクラテスの弁明

ソクラテスの弁明

著者
プラトン
翻訳
藤田大雪
出版社
叢書ムーセイオン刊行会
初版
2013/3/3(Kindle版)

 圧倒的に読みやすい「新訳」でもう一度読み直す『ソクラテスの弁明』。

 この本の原文は、紀元前三九九年に起こった出来事を元にプラトンが記した物である。ソクラテスは語る人であったから、生涯で著書を残していない。従って、彼の思想が伺えるのは、全て弟子たちの手によって書き残された記録によるものである。

 中でも、この『ソクラテスの弁明』は、彼に関する記録の中で最も有名なものの一つで、タイトルだけなら誰しも一度は聞いたことがあるはずだ。哲学に関心を持たない人でも、学生の時に一度は目に触れた記憶をお持ちではないだろうか。本書は、正にそんな人にこそ手にとって欲しい一冊。

 この本の特徴として、まず初めにイントロダクションが用意されている。この話の経緯や時代背景、裁判のルールや現場の状況が、イラストや写真を用いて分かりやすく説明される。ここで古代ギリシアを舞台とした本書を読み始めるにあたって、必要な前提知識を準備することができるようになっている。

 そして、『ソクラテスの弁明』が始まる。

続きを読む

この夏おもいきり飲みたいクラフトビール BrewDog Punk IPA(ブリュードッグ パンク IPA) このエントリーのはてなブックマーク数

クラフトビール

ビールは最初の一杯だけ。居酒屋に行くと「とりあえず」ビールを頼む。ビールとはそういうものだと思っていませんでしたか?かくいう私も、ビールに抱いた最初の印象はそういうものでした。しかし、ある日「エール」に出会ったことで、この先入観は一掃されることになったのです。

「ビールにはいくつかの種類がある」ということを知った時、とてつもなくビールに対する興味が湧き起こりました。一般的に、日本で多く飲まれているビールは、いわゆる「ラガー」という種類で、大手飲料メーカーが得意とする大量生産に向いています。一方、エールは小規模のブリュワリー(醸造所)で作られることが多く、コンビニやスーパーではあまり見かけることがありません。

そんな訳で、「ビールにはエールとラガーがあるのか」というところから出発し、世界中の様々なビールを飲んでみることにしたのです。始めは近所の酒屋に置いてあるものを片っ端から飲んでいき、そして輸入食品店などに遠征した時には、大量にまとめ買いをするようになりました。1日1本、多くても2本のビールを飲みながら、色、香り、味でチェックし、美味しさ、印象、もう一度飲みたいか、という観点で評価していきました。その結果、「この夏、おもいきり飲みたいビールNo.1」が決定したので報告します。

今回の体験で、一言にビールと言っても本当に幅広く、奥が深いことが分かりました。これが、あなたにとってのビール探求の出発点になれば幸いです。

続きを読む

二次元キャラクターは存在するのか? このエントリーのはてなブックマーク数

二次元キャラクター

あなたに質問です。二次元キャラクターは存在すると思いますか?

今までは、「存在しない」という答えが一般的でした。物理的な世界を基準にして考えれば、当然そのような結果になります。 では、現状どうかと問われれば、まだ「存在する」と言い切ってしまうにはあまりにも未熟な状態であると言えます。しかしながら、私はここに「おぼろげながら、虚構の中に実態を帯び始めてきている」と感じずにはいられないのです。

21世紀に入ってから、デジタル技術が発達したことによって私たちの生活は様変わりしました。特に、衣食住ではない「娯楽」の分野において驚異的な進化を遂げており、コンピューターが普及する前と後では、全く違う生活をしているという人も増えてきました。

人の生活や、それを取り巻く時代背景が変わると、その変化に合わせて前提条件を改めなければならない場合があります。そこで、今回論題にしたいのが「二次元キャラクターは存在するのか」です。

もちろん、二次元ですから物理世界に居るわけではありません。それでも、人のコミュニケーションや価値観の変化に合わせて「存在する」という根源的かつ哲学的な定義そのものを見直す時期に来ているのではないかと思います。少なくとも、そういった概念的な事を考えること自体、これからの物作りに役立つはずです。

今回は、デジタルコンテンツやITを使って何かをしようとする、全ての「作り手」に向けて書いたエントリーです。

続きを読む

2023年の医療に向けた究極の目標。カイオム・バイオサイエンスの目指す未来 このエントリーのはてなブックマーク数

カイオム・バイオサイエンス

2012年10月、iPS細胞に関する新たな発見により、山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受けたことで、日本のバイオ業界は活気付きました。

このような新しいバイオの分野は、将来的に今まで治すことが難しかった病気の治療に役立つことになります。世界的に見ても人の寿命は延び続けており(文部科学省白書)、それによって高齢者が増えることから、今後ますます科学医療技術が重要になってくるものと思われます。

そんな中、抗体遺伝子において世界初の試みに挑んでいる企業があります。それが、カイオム・バイオサイエンスです。現在、実験の最終段階に差し掛かっており、もしこの技術が完成すれば「究極の医療」が実現するかもしれないとのことで注目されています。

続きを読む

DeNA(ディー・エヌ・エー)のロゴ変更には大きな変革の兆しが隠れている このエントリーのはてなブックマーク数

DeNA写真

2009年10月のmixiアプリモバイル提供開始を皮切りに、2010年1月にモバゲー(現Mobage)、2010年6月にGREEが、それぞれOpenSocial APIによる「ソーシャルゲーム」の提供を開始。2011年にはカードバトル物の流行、2012年は「コンプガチャ問題」で社会的にも広く認知されることになりました。

その後現在に至るまで、良くも悪くも「ソシャゲ業界」は様々な話題を振りまいてきましたが、2013年初め、なぜこのタイミングでDeNAはコーポレートロゴを新しくしたのでしょうか。

続きを読む

ヴィレッジヴァンガードの決算書から分かる「ニューメディア」の現実 このエントリーのはてなブックマーク数

VillageVanguard ロゴ

先日、ヴィレッジヴァンガード(Village Vanguard)が上方修正を発表したというニュースがあったので、せっかくだからと決算資料を見てみることにしました。

ヴィレッジヴァンガードと言えば、昔は下北の怪しい雑貨屋(いい意味で)というイメージだったのですが、今では全国に300店舗以上構える立派な上場企業になっているんですね。

さて、今回決算資料を眺めているとある点に気が付いたので、過去の数値を集計してみることに。すると、世間で言われていることが、こんな所にも現れているんだなという結果になりました。

ひとことで言うと「ニューメディア売れねぇ」ってことです。

続きを読む
SNSをフォロー
カテゴリー
タグで絞り込む
アーカイブ
ソーシャルブックマーク
リンク