ウェブランサー

HyperText Markup Language

初心者でも分かるHTMLの解説とタグ一覧

このサイトでは、ウェブページの仕組みや、HTMLタグの書き方を解説しています。自分でウェブサイトを作ってみたいと思っている方は、まずHTMLを理解することから始めましょう。ウェブサイトの仕組みやコードの書き方を知ると、インターネットをもっと便利に賢く使えるようになります。

よく使うHTMLタグ

必ず使う要素
<!DOCTYPE> ドキュメントタイプの宣言
<html> HTML文書の開始を宣言してドキュメントルートを定義する
<head> ドキュメントのヘッダーを定義する
<title> ウェブページのタイトルを指定する
<body> ページ本体の表示領域
基本的な構成に必要な要素
<h1> 〜 <h6> 見出しを指定する
<p> 段落を指定する
<div> ブロックレベル要素としての範囲を指定
<span> インライン要素としての範囲を指定する
<a> リンクを指定する
<img> 画像を表示する
HTML5で追加された主要な要素
<article> 自己完結した記事であることを示す
<aside> 本筋から分離しても問題のない余談や補足を表す
<canvas> スクリプトで定義したグラフィックスを描画するための領域を配置する
<footer> セクションのフッターを表す
<header> セクションの先頭となるグループを表す
<nav> ページ上の主要なナビゲーションであることを表す
<section> ウェブページ内の文章構造におけるセクションを定義する
<video> ページ内に動画コンテンツを表示する

HTMLとは

HTMLは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略で、ウェブページを記述するために作られた言語です。その名の通り、テキストを用いてウェブ用のドキュメントを作ることができるようになっています。HTMLは、テキストエディタがあれば、誰でも簡単に、無料で作ることができます。

HTMLは、W3Cによって1999年に勧告されたHTML4.01が、長い間メジャーバージョンでしたが、現状ではHTML5が主流になっています。これからHTMLを学習する場合は、HTML5を基準にしましょう。