ウェブランサー

<hgroup> 見出しをグループ化してセクションのヘッダを表す

取り扱い HTML5から追加 廃止された要素
カテゴリ フロー・コンテント
ヘッディング・コンテント
パルパブル・コンテント
親にできる要素 フロー・コンテンツが期待される場所
子にできる要素 1つ以上の見出し要素
対応ブラウザ <hgroup>の対応状況を確認する

<hgroup>タグの説明

<hgroup>は、見出し、副題、キャッチフレーズなど、見出しが複数のレベルを持つときに、見出し要素をグループ化するために使います。それらをまとめてセクションのヘッダを表します。

そのセクションにおいて、<hgroup>の直下にある<h1>〜<h6>のうち、最もランクの高い見出しの内容が、そのセクションを表すタイトルとなります。それよりランクの低い見出しは、副題やキャッチフレーズ、要約となります。

<hgroup>タグの特徴

<hgroup>は、ページ内に複数使うことができます。この要素自体を入れ子構造にすることはできません。
<hgroup>は、HTML5で追加された要素ですが、W3Cの仕様から削除されました。今後、この要素を使うことは非推奨となります。

この要素はセクショニングコンテントではないので、アウトラインに影響を与えません。

<hgroup>タグに指定できる属性

グローバル属性
基本的に全てのHTML要素に共通で指定できる属性です。

<hgroup>タグの使い方とサンプル

<hgroup>の使い方を示したサンプルです。

HTML
<section>
	<hgroup>
		<h1>セクションのタイトル</h1>
		<h2>要約となるフレーズ</h2>
	</hgroup>
	<p>このセクションの内容。このセクションの内容。</p>
</section>

<hgroup>に関連するHTMLタグ

セクション要素
<address> 連絡先(問い合わせ先)として扱う
<article> 自己完結した記事であることを示す
<aside> 本筋から分離しても問題のない余談や補足を表す
<body> ページ本体の表示領域
<footer> セクションのフッターを表す
<h1> 〜 <h6> 見出しを指定する
<header> セクションの先頭となるグループを表す
<hgroup> 見出しをグループ化してセクションのヘッダを表す
<nav> ページ上の主要なナビゲーションであることを表す
<section> ウェブページ内の文章構造におけるセクションを定義する