ウェブランサー

HTMLって何?初心者にも分かるウェブサイト制作入門〈基礎知識〉を解説します

Web

HTMLとは、「HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)」の頭文字を取った言葉で、今まさにあなたが見ているウェブページを記述するための言語です。

「ハイパーテキスト」とは、リンクでつながったドキュメント同士を簡単に行き来できる仕組みを表す文字の事で、HTMLは「つながりのある文字情報を記述することができる言語である」と解釈することができます。

ウェブページはHTMLでできている

HTMLの特徴は、誰でも簡単にウェブページを作ることができるという点にあります。インターネットは、世界中の人たちが作ったウェブページを、世界のどこからでも見ることができる便利な仕組みです。あなたがインターネット上に情報を発信したければ、HTMLを覚えて、作ったファイルをサーバーにアップロードし、そのURLを公開すれば良いのです。初めは難しそうに見えても、一度覚えてしまえば簡単な仕組みです。

ウェブページは、ウェブブラウザがサーバー上に置かれたHTMLファイルを読み込んで、人間の見やすい形に整形することで表示しています。言い換えると、あなたが今見ているこのページはHTMLで書かれています。つまり、簡単に言うと「ウェブページはHTMLでできている」ということになります。

HTMLの「ソースコード」を見てみよう

試しに、ブラウザメニューの「表示」から「ソース」(または右クリックメニューの「ソースを表示」)を選択してみて下さい。何やら沢山の文字が並んだテキストファイルが表示されたでしょうか。

これが、今表示されているページの基になる文字列です。中を覗いてみると、全て文字でできていますよね。コンピューターがこの文字列を読み取って、画面をレイアウトし、文字に色を付けたり、フォントを変えたり、画像を表示したりといったことを自動的に行ってくれます。

何故そのようなことが可能なのでしょうか?

もう一度、この文字列を良く見て下さい。その中に <> で括られた暗号のようなものを見つける事が出来ましたか?これこそがHTMLの正体です。

次に、文字列の一番上の辺りに、<html>という塊を探してみてください。これを「宣言」と言います。この宣言によって、「ここからHTML文法を始めます」ということをコンピューターに知らせてあげているのです。

この <> で括られた暗号を「タグ」と言います。このタグの中の命令には様々な種類があり、それをいくつも使ってHTMLを作っていきます。ちなみに、タグの中身は、大文字・小文字を区別しないため、<html>と<HTML>は同じ意味になります。

それでは早速、「HTMLの書き方」を確認してみましょう。

HTMLリファレンス

HTMLって何? 初めての方でも分かる超基礎知識を解説します
HTMLの書き方 HTMLタグの書き方と基本的なルールについて
HTMLファイルの作り方 HTMLファイルを作成してから保存するまで
改行と半角スペース HTMLで改行や半角スペースを扱う際のルール
ハイパーリンクについて ドキュメントをリンクでつないでみましょう
ヘッダー情報について HTMLドキュメントのヘッダー情報について
ディレクトリの意味 「ディレクトリ」という言葉の意味
HTMLとXHTMLの違い XHTMLでWebサイトを作る際の特徴とルール