ウェブランサー

携帯サイトの作り方

Webサイトと携帯サイトの違い

「携帯サイト」と聞くと、携帯電話専用の独特な作りをしているイメージがあります。しかし、実際にはHTMLとCSSを少し書くことができれば誰にでも作れるものです。インターネットの世界は一つなので、アクセスが許可されていれば携帯電話でもパソコンでもWebページを見ることができます。

それでは、「携帯サイト」とは一体どんなものなのでしょうか。それは、「携帯端末向けに作られたサイト」と定義できます。独特なのはあくまでも“端末側”であって、Webページ側は、端末の仕様に合わせて作ってあげれば良いということを覚えておきましょう。

携帯サイトリファレンス

携帯サイトの基礎知識 携帯サイトを作る時に押さえておくべきポイント
携帯サイトの基本的な作り方 携帯サイトで使えるタグは限られているので有効に使いましょう
HTMLをXHTML化する 携帯サイトをHTMLからXHTML化する時に役立つ知識
3キャリア対応のXHTML携帯サイト 携帯3キャリア対応の共通ページをXHTMLで作る方法
携帯サイトのフォントサイズ指定 携帯サイトで文字の大きさを決める際のコツを紹介
携帯サイトの見出し 画像を使わなくてもできる携帯サイトの見出しサンプル
文字入力モードの指定 文字入力が必要なフォームを設置する際の初期値を制御する方法

携帯サイト(HTML)でよく使うタグ

必ず使う
<!DOCTYPE> ドキュメントタイプの宣言
<html> HTML文書の開始を宣言してドキュメントルートを定義する
<head> ドキュメントのヘッダーを定義する
<title> ウェブページのタイトルを指定する
<body> ページ本体の表示領域
<meta> ドキュメントについてのメタ情報を追加する
よく使う
<br> 改行を行う
<div> ブロックレベル要素としての範囲を指定
<center> センタリングする
<a> リンクを指定する
<font> フォントの色や大きさを変える
<img> 画像を表示する
<hr> 区切り線(罫線)を引く
<blink> 文字を点滅させる
<marquee> 文字列をスクロールさせる(流れる文字)
たまに使う
<form> フォームを作成する
<input> フォームを構成する部品を作成する
<select> セレクトボックスを作成する

携帯サイト(XHTML)でよく使うタグ

必ず使う
<!DOCTYPE> ドキュメントタイプの宣言
<html> HTML文書の開始を宣言してドキュメントルートを定義する
<head> ドキュメントのヘッダーを定義する
<title> ウェブページのタイトルを指定する
<body> ページ本体の表示領域
<meta> ドキュメントについてのメタ情報を追加する
よく使う
<br> 改行を行う
<div> ブロックレベル要素としての範囲を指定
<span> インライン要素としての範囲を指定する
<a> リンクを指定する
<font> フォントの色や大きさを変える
<img> 画像を表示する
<hr> 区切り線(罫線)を引く
<table> テーブル(表)を作成する
<tr> テーブル(表)の横一行を定義する
<td> テーブル(表)のセルを作成する
たまに使う
<form> フォームを作成する
<input> フォームを構成する部品を作成する
<select> セレクトボックスを作成する
SNSをフォロー
コンテンツ
LINK