<head> ヘッダー情報

タイプ -
取り扱い 標準

<head>タグは、ブラウザに表示されない領域で、その文章についての情報や意味を定義したり、スクリプトやスタイルシートなどの外部のファイルを呼び出したりするために使用する要素です。

HTMLドキュメントをブラウザで問題なく表示させるためには、最低限<html>要素<head>要素<body>要素が必要となります。

<head>〜</head>の中には、<title><meta>が入ります。

HTML5では、profile属性が廃止されます。head要素のprofile属性は、meta要素で name="author" や name="description" を指定する際に何を意味しているのかを定義するものです。

<head>タグに指定できる属性

特に指定するものはありません。

<head>の使用サンプル

HTML5
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<div>
サンプルです。<br>
<a href="#####">リンクです。</a><br>
</div>
</body>
</html>
(X)HTML4.01
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "https://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<div>
サンプルです。<br />
<a href="#####">リンクです。</a><br />
</div>
</body>
</html>
表示確認
サンプルです。
リンクです。

<head>に関連するHTMLタグ

ヘッダー・メタデータ要素
<base> ページの基準となるURLを指定する
<!DOCTYPE> ドキュメントタイプの宣言
<head> ドキュメントのヘッダーを定義する
<html> HTML文書の開始を宣言してドキュメントルートを定義する
<link> 関連するファイルをリンクする
<meta> ドキュメントについてのメタ情報を追加する
<style> スタイルシートを指定する
<title> ウェブページのタイトルを指定する