ウェブランサー

ディレクトリについての解説

「ディレクトリ(directory)」という言葉は聞きなれないかもしれませんが、簡単に言うと「フォルダ」と同じ意味です。ウェブサイト(ホームページ)を作っていく上で必ず出てくる言葉なので覚えておいて下さい。

ディレクトリは階層構造である

例えば、レンタルサーバーを借りてあなたがファイルをアップロードできる状態にあるスペースの事を「ホームディレクトリ」と呼んだりします。仮に、あなたのパソコンのデスクトップに「home」というフォルダを作った場合、その中にホームページ用のファイルを作っていくとしたら以下のようなイメージになります。

ディレクトリイメージ

このように、ある一つの階層の中にディレクトリを作ると、そのディレクトリの中にも階層ができます。

WWWの名前空間では、この階層を「/(スラッシュ)」で切って移動します。あなたのウェブサイトのドメインが「yourname.com」だった場合、2階層目のディレクトリに「blog」を作って、その中に「article.html」というファイルを置いた場合、URLは「http://yourname.com/blog/article.html」になります。

ディレクトリの収納術を身に付けよう

実際にHTMLでWebページを作り始める前にやっておいた方が良い事があります。それは「収納場所」を決めておく事です。部屋の模様替えをする時なども、あらかじめ何処に何をしまえばいいのかを考えたりしますよね?パソコン上でもそれは同じで、ファイルを散らかしてしまうと後で大変な思いをするのは自分です。ファイルを管理する上で、自分なりに「どのディレクトリに何を入れるのか」というルールを決めておくと、後で非常に楽になります。

ディレクトリの名前は、基本的に半角英数字であれば何でも良いので、好きな名前を付けましょう。

ディレクトリの分け方

分かりやすい名前を付ける
ディレクトリの名前は自由につけることができますが、“new”や“001”といった名前を付けてしまうと、後から見たときに、いったい何のファイルが入っているのか分からなくなってしまう事があります。「dialy」や「music」など意味のある名前で管理することをお薦めします。
画像用のディレクトリを作る
一つのディレクトリにHTMLや画像を混ぜて入れてしまうと、ファイルが増えてきた時に目的のファイル名を探し出すのに苦労します。あらかじめ画像関係を入れる場所を作っておきましょう。一般的には“images”や“img”という名前にします。
一つのカテゴリにつき一つの階層にまとめる
例えば、あなたのサイトが「映画」と「音楽」について書かれたものだとしましょう。全てのファイルを同じ階層に入れてしまうと、ファイルが増えてきた時に管理が大変になってしまいます。映画は映画、音楽は音楽のディレクトリを作ってまとめておきましょう。

ディレクトリ分けのイメージ

home / index.html
  |    page001.html
  |    page002.html
  |
  +-- images / top_logo.gif
  |            title001.gif
  |            title002.gif
  |
  +-- music / index.html
  |      |    page001.html
  |      |    page002.html
  |      |
  |      +-- images / music_logo.gif
  |
  +-- movie / index.html
         |    page001.html
         |    page002.html
         |
         +-- images / movie_logo.gif

HTMLリファレンス

HTMLって何? 初めての方でも分かる超基礎知識を解説します
HTMLの書き方 HTMLタグの書き方と基本的なルールについて
HTMLファイルの作り方 HTMLファイルを作成してから保存するまで
改行と半角スペース HTMLで改行や半角スペースを扱う際のルール
ハイパーリンクについて ドキュメントをリンクでつないでみましょう
ヘッダー情報について HTMLドキュメントのヘッダー情報について
ディレクトリの意味 「ディレクトリ」という言葉の意味
HTMLとXHTMLの違い XHTMLでWebサイトを作る際の特徴とルール