<figure> 写真や図表などの自己完結した要素を表す

取り扱い 現行の標準
カテゴリ フロー・コンテンツ
パルパブル・コンテンツ
セクショニング・ルート
親にできる要素 フロー・コンテンツを受け入れる要素
子にできる要素 <figcaption>、フロー・コンテンツ
対応ブラウザ caniuseで確認

<figure>タグの説明

<figure>は、写真や図表などの自己完結した要素を表す際に使用します。この要素は、ドキュメントの本題(メインフロー)である/ないに関わらず、その段落でひとまとまりにすることができる要素を表現します。

例えば、ドキュメントの本題(メインフロー)が書かれたテキストの中で、参照される参考文献(写真、図表、コードの断片など)がある場合、メインフローに影響を与える事無く別ページ、または参照先のドキュメントへ移動する手段を提供します。

つまり、この部分を切り出して注釈や付録の位置へ移動しても、全く問題ない内容に適しています。

この要素に明示的なキャプションを追加するには、子要素に<figcaption>を追加します。

<figure>タグの特徴

  • レイアウトの初期値はブロックレベルです。文章の改行に影響を与えます。
  • 視覚的な効果は特に与えられませんが、指定されたコンテンツを埋め込みます。
  • 同一のページ内に複数使うことができます。この要素自体を入れ子にすることも許可されています。

<figure>に指定できる主な属性

グローバル属性
全てのHTML要素に指定できる共通の属性です。詳細は一覧表で解説します。
イベントハンドラ
全てのHTML要素に指定できるコンテンツ属性です。

<figure>の使い方とサンプル

このタグを使ったマークアップのサンプルです。

HTML
<figure>
	<figcaption>この図表のキャプション</figcaption>
	<img src="images/sample.jpg" alt="参照する図表">
</figure>

<figure>に関連するHTMLタグ

オブジェクトやスクリプトを埋め込む要素
<img> 画像を表示する
<picture> 特定の画像に対して複数のメディアソースを提供するコンテナを設置する
<figure> 写真や図表などの自己完結した要素を表す
<figcaption> 参照される写真や図表にキャプションを追加する
<canvas> スクリプトで定義したグラフィックスを描画するための領域を配置する
<audio> ドキュメント内に音声コンテンツを埋め込む
<video> ページ内に動画コンテンツを表示する
<source> 再生候補となる動画や音源などのメディアソースを指定する
<track> 動画や音声ファイルに字幕やキャプションを追加する
<embed> 外部コンテンツを埋め込む
<object> 外部リソースのオブジェクトを埋め込む
<param> パラメーターを指定する
<script> HTMLで実行可能なスクリプトを埋め込む
<noscript> スクリプトが動作しない環境での表示内容を指定する
<meter> 規定範囲内の数量や測定値を表す
<progress> 作業の進捗状況を示すプログレスバーを表示する
<output> 計算結果やユーザーアクションの出力欄を作成する
<dialog> 任意のタイミングで開くダイアログボックスを作成する
<template> ページ読み込み後にスクリプトの実行によって挿入可能な要素を定義する
<slot> ウェブコンポーネントで独自に扱える枠を提供する