<!DOCTYPE> ドキュメントタイプの宣言

タイプ -
取り扱い 標準

<!DOCTYPE>は、作成したドキュメントがHTMLのどのバージョンで記述されているかを宣言するために使用します。HTMLは、主に「ブラウザ」というソフトウェアが解釈する言語です。その名が現す通り、<!DOCTYPE>は自身のドキュメントタイプをソフトウェア側に伝える機能を持っています。

<!DOCTYPE>の書き方によって、HTMLやXHTMLのレンダリングモードが切り替わります。この解釈は各ベンダーからリリースされているブラウザの実装状況によって異なる挙動を示す場合があります。

基本的に、<!DOCTYPE>はHTMLの一行目に記述します。ネット上に公開されているウェブページのソースコードを確認すると、先頭に<!DOCTYPE>の宣言がなされているはずです。

<!DOCTYPE>で仕様を宣言するということは、そのルールに準拠したコーディングが求められます。冒頭で宣言したドキュメントタイプと、実際に書かれているHTMLのバージョンや形式が異なった場合、ブラウザのレンダリングでエラーが出たり表示が崩れることがあります。そのため、宣言と記述する内容を一致させる必要があります。

HTML5では、<!DOCTYPE html>というシンプルな形で記述すれば良いとされています。

<!DOCTYPE>について、始めはどんな効果があるのか分かりづらいかも知れません。DOCTYPEを記述しなくてもブラウザはある程度勝手に解釈してくれるので、慣れないうちは省略して書かなくても大丈夫です。正しい文章構造の書き方やスタイルシートに興味を持ってきた頃に覚えると良いでしょう。

!DOCTYPEについて詳しく知る

<!DOCTYPE>に与えられる属性

特にありません。

<!DOCTYPE>の使用サンプル

HTML5
DOCTYPE宣言を記述しないと、ブラウザのレンダリングモードが互換モード(Quirks mode)となります。標準モード(Standards mode)で解釈させたい場合には、DOCTYPE宣言を記述する必要があります。
HTML5
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
Strict DTD (HTML4.01)
HTMLの仕様に正確にしたがって書かれた文章用の宣言です。最も厳密であり、非推奨属性やフレームは使う事ができません。
HTML4.01
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "https://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html>
<head>
Transitional DTD (HTML4.01)
こちらは比較的制限が緩和されたもので、非推奨要素や属性は使用できます。フレームを使用出来ません。
HTML4.01
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "https://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
Frameset DTD (HTML4.01)
こちらはフレームを使いたい場合に宣言します。
HTML4.01
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "https://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html>
<head>

<doctype>に関連するHTMLタグ

ヘッダー・メタデータ要素
<base> ページの基準となるURLを指定する
<!DOCTYPE> ドキュメントタイプの宣言
<head> ドキュメントのヘッダーを定義する
<html> HTML文書の開始を宣言してドキュメントルートを定義する
<link> 関連するファイルをリンクする
<meta> ドキュメントについてのメタ情報を追加する
<style> スタイルシートを指定する
<title> ウェブページのタイトルを指定する