ウェブランサー

<mark> 文章内のテキストをハイライトして目立たせる

取り扱い HTML5から追加された要素
カテゴリ フロー・コンテント
フレージング・コンテント
パルパブル・コンテント
親にできる要素 フレージング・コンテンツが期待される場所
子にできる要素 フレージング・コンテンツ
対応ブラウザ <mark>の対応状況を確認する

<mark>タグの説明

<mark>は、文章内でハイライトして目立たせたい箇所のテキストを指定する際に使用します。意味の重要度は変えずに、ユーザーが参照しやすいようにすることを目的としています。

<mark>は、制作者が重要だと考えている箇所ではなく、ユーザーの操作に関連している箇所に使用します。例えば、検索結果の画面で、検索ワードの部分を文書の中でハイライト表示する場合などに適しています。

特定の文字列に重要度を持たせたい場合は、<strong>タグ<em>タグを使います。

<mark>タグの特徴

<mark>はページ内に複数使うことができます。この要素自体を入れ子構造にすることはできません。

<mark>タグに指定できる属性

グローバル属性
基本的に全てのHTML要素に共通で指定できる属性です。

<mark>タグの使い方とサンプル

<mark>を使ったマークアップのサンプルです。

HTML
<p>
	文章の中で<mark>ハイライトしたい文字列</mark>を囲います。
</p>

<mark>に関連するHTMLタグ

テキストの意味付け要素
<a> リンクを指定する
<abbr> 略語(頭字語以外)であることを表す
<b> 文字を太文字にする
<br> 改行を行う
<bdi> ページの書字方向とは別の書字方向を指定する
<bdo> 書字方向を指定する
<cite> 出典先、参照先を表す
<code> プログラムやスクリプトとして扱う
<dfn> 定義用語として扱う
<em> 強調する
<i> 文字を斜体(イタリック)にする
<kbd> キーボード入力される文字であることを示す
<mark> 文章内のテキストをハイライトして目立たせる
<q> 引用文であることを表す(短文用)
<rb> ルビをふる文字を指定する
<ruby> ルビの範囲を指定する
<rp> ルビを囲む記号を指定する
<rt> ルビの内容を指定する
<rtc> ルビテキストの集まりを指定する
<s> 正確ではなくなった内容であることを表す
<samp> プログラムによる出力結果のサンプルとして扱う
<small> 細則のような付帯注釈を表す
<span> インライン要素としての範囲を指定する
<strong> 重要な情報として扱う
<sub> 下付き文字として表示する
<sup> 上付き文字として表示する
<time> 日付や時刻を正確に示す
<u> 文字に下線(アンダーライン)を引く
<var> 変数や引数として扱う
<wbr> <nobr>内での改行位置の指定(NN独自)