ウェブランサー

<applet> JAVAアプレットを埋め込む

対応ブラウザ
IE7対応IE8対応Firefox対応Chrome対応Opera対応Safari対応
タイプ インライン要素
取り扱い 非推奨

<applet>タグは、ページ内にJAVAアプレットを埋め込む際に使用します。状況により<object>タグと使い分ける事が出来ます。

<img>タグ<embed>タグ<bgsound>タグの代わりに使う事も出来ます。

<applet>タグに指定できる属性

alt="代用テキスト"
代用テキストを指定する際に使用します。
archive="代用テキスト"
アーカイブファイルをスペースで区切って指定します。
code="ファイル名"
ファイル名を指定します。
codebase="基準URL"
code属性で指定したファイルの基準となるURLを指定します。
datasrc="データソースのID"
データバインド機能を用いる際の、データソースのIDを指定します。
title="タイトル"
タイトルを指定する際に使用します。
align="表示位置を指定"
top, middle, bottom, left, right
width="幅" height="高さ"
数字を記述するとpx単位で指定出来ます。
hspace="横方向の余白"
アプレットの周りの横方向の余白をピクセル単位で指定する際に使用。
vspace="縦方向の余白"
アプレットの周りの縦方向の余白をピクセル単位で指定する際に使用。
style="プロパティ:値;"
スタイルシートを指定する際に使用します。
id="", class=""
idやclass付けが出来ます。

<applet>の使用サンプル

HTML

表示確認

<applet>に関連するHTMLタグ

廃止または非推奨になったHTMLタグ一覧
<acronym> 略語(頭字語)であることを表す
<applet> JAVAアプレットを埋め込む
<basefont> 文字の基準となるサイズ、色、フォントの指定
<bgsound> 効果音やバックミュージックを鳴らす(IE独自)
<big> 文字をひと周り大きく表示する
<blink> 文字を点滅させる
<center> センタリングする
<dir> リストを表示する
<font> フォントの色や大きさを変える
<frame> フレームに表示するファイルを指定する
<frameset> ウィンドウを分割する
<hgroup> 見出しをグループ化してセクションのヘッダを表す
<keygen> フォーム送信時に暗号鍵を発行する
<listing> タグを解釈し、ソースをそのまま表示する
<marquee> 文字列をスクロールさせる(流れる文字)
<multicol> 段組する(NN独自)
<nobr> 自動改行を無効にする(NN独自)
<noembed> プラグインが利用できない環境での表示内容を指定する(NN独自)
<noframes> フレームが表示できない環境での表示内容を指定する
<plaintext> ソースをテキストとしてそのまま表示する
<spacer> スペースを挿入する(NN独自)
<strike> 文字列に打ち消し線を引く
<tt> 文字を等幅フォントで表示する
<xmp> ソースをそのまま表示する