ウェブランサー

<command>:ページ内のメニューに操作コマンドを設定する

取り扱い HTML5から追加された要素
カテゴリ メタデータ・コンテント
フロー・コンテント
フレージング・コンテント
親にできる要素 メタデータ・コンテンツが期待される場所
フレージング・コンテンツが期待される場所
子にできる要素
対応ブラウザ <command>の対応状況を確認する

<command>タグの説明

<command>は、ウェブページ内のメニューにユーザーが実行できる操作コマンドを設定するために使用します。まず、<menu>要素でメニュー全体を定義し、その子要素として<command>を必要個数定義します。

コマンドの種類は、type属性で決定します。指定できるコマンドの種類は、command(通常のコマンド、初期値)、checkbox(選択式)、radio(択一式)の3種類です。

<command>タグの特徴

<command>はページ内に複数使うことができます。この要素自体を入れ子構造にすることはできません。

<command>はHTML5から追加された要素で、<menu>要素の子要素として記述します。<menu>要素の中に配置しないと機能しません。

<command>タグに指定できる属性

type属性
command(通常のコマンド、初期値)、checkbox(選択式)、radio(択一式)
label属性
コマンドにラベルを付ける ※必須項目
title属性
コマンドにタイトルを付ける
icon属性
コマンドに画像を指定する
checked属性
type属性が「checkbox」または「radio」の時に、特定の選択肢を選択した状態にする
radiogroup属性
type属性が「radio」の時に、そのグループに対して名前を付ける
disabled属性
コマンドを使用不能の状態にする

<command>タグの使い方とサンプル

<command>を使ったマークアップのサンプルです。

HTML
<menu type="toolbar">
	<command type="command" label="Reload" icon="images/button_reload.png" onclick="location.reload();">
	<command type="command" label="Next page" icon="images/button_next.png" onClick="location.href='/next';">
	<command type="command" label="Previous page" icon="images/button_pre.png" onClick="location.href='/pre';">
</menu>

<command>に関連するHTMLタグ

入力フォームに関連する要素
<command> ページ内のメニューに操作コマンドを設定する
<datalist> フォームの入力欄に入力候補となる選択肢を提供する
<fieldset> フォームの入力項目をグループ化する
<form> フォームを作成する
<input> フォームを構成する部品を作成する
<label> フォームの入力項目と項目名を関連付ける
<legend> 入力項目グループにタイトルを付ける
<meter> 規定範囲内の数量や測定値を表す
<optgroup> セレクトボックスの選択肢をグループ化する
<option> セレクトボックスの選択肢を作成する
<output> 計算結果やユーザーアクションの出力欄を作成する
<progress> 作業の進捗状況を示すプログレスバーを表示する
<select> セレクトボックスを作成する
<textarea> 複数行のテキストエリアを作成する