ウェブランサー

direction - 文字表記の方向(左右)を指定する

対応ブラウザ
IE7対応IE8対応Firefox対応Chrome対応Opera対応Safari対応
適用対象 全ての要素
継承 する

directionプロパティは、文字表記の方向を指定する際に使用します。[ltr (Left To Right)]と指定すると左から右へ、[rtl(Right To Left)]と指定すると右から左へ表記されます。directionプロパティをインライン要素に指定する際には、unicode-bidiプロパティを合わせて指定し、値を[embed]、または[override]に指定する必要があります。

Internet Explorerで日本語を右から左に表記させたい場合には、[direction: rtl;]と合わせて、[unicode-bidi: bidi-override;]を指定しなければならないようです。

directionに与えられる値

direction: ltr;
左から右に文字表記します。
direction: rtl;
右から左に文字表記します。

directionの使用サンプル

CSS
.sample01 {
 direction: ltr;
 unicode-bidi: bidi-override;
 background: #DDDDDD;
 padding: 5px;
 margin-bottom:10px;
}
.sample02 {
 direction: rtl;
 unicode-bidi: bidi-override;
 background: #DDDDDD;
 padding: 5px;
}
XHTML
<div class="sample01">
sample01<br />
direction:ltr; では左から右に表示されます。
</div>
<div class="sample02">
sample02<br />
direction:rtl; では右から左に表示されます。
</div>
表示確認
sample01
direction:ltr; では左から右に表示されます。
sample02
direction:rtl; では右から左に表示されます。

directionに関連するCSSプロパティ

文字揃え・段落の振る舞い
baseline-shift 優先するベースラインを指定し直す
direction 文字表記の方向(左右)を指定する
drop-initial-after-adjust 頭文字の第一接続点の揃え位置を指定する
drop-initial-after-align 頭文字の第一接続点の揃えラインを指定する
drop-initial-before-adjust 頭文字の第二接続点の揃え位置を指定する
drop-initial-before-align 頭文字の第二接続点の揃えラインを指定する
drop-initial-size 頭文字のサイズを指定する
drop-initial-value 頭文字を何行分にするかを指定する
letter-spacing 文字の間隔を指定する
line-break 要素内での行末や行頭の禁則処理の厳密さを指定する
line-height 行の高さを指定する
line-stacking 行ボックスに関する指定をまとめて行う
line-stacking-ruby 行ボックスを重ねる際のルビの扱いを指定する
line-stacking-shift 文字のベースラインを考慮するかどうかを指定する
unicode-bidi 文字表記の方向(左右)を指定する
white-space テキスト内の空白、タブ、改行の表示の仕方を指定する
word-break 文章の改行の仕方について指定する
word-spacing 単語の間隔を指定する
word-wrap 単語の途中における改行処理の仕方を指定する
writing-mode 文字表記の方向(縦横)を指定する