ウェブランサー

backface-visibility - 要素の裏面を見られるようにするかどうかを指定する

取り扱い CSS3から追加された要素
適用可能 変形可能な要素
継承 しない
対応ブラウザ backface-visibilityの対応状況を確認する

backface-visibilityプロパティの説明

backface-visibilityは、要素が回転して裏面がスクリーンに面した時に、その要素を表示させるかどうかを指定する際に用います。通常、ひっくり返った要素は文字が左右反転して表示されます。backface-visibilityはCSS3で追加されたプロパティです。

どのようなシーンでこのプロパティが必要になるか想像しにくいかも知れませんが、例えば、立体的な箱をHTMLでレンダリングして、箱の中を覗くシーンを想像してみてください。この場合、箱の面を構成する要素の裏側が見えているかいないかで、表現が大きく異なります。

backface-visibilityの詳細

更新準備中です。

backface-visibilityに関連するCSSプロパティ

変形・トランスフォーム
backface-visibility 要素の裏面を見られるようにするかどうかを指定する
perspective 子要素に対して遠近効果を指定する
perspective-origin perspectiveで指定した遠近投影の基点となる位置を指定する
transform 要素を変形させる
transform-origin 要素を変形させる際の基準点を指定する
transform-style 要素を変形させる際の基準点を指定する