ウェブランサー

書評『顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い』さかき漣・三橋貴明 このエントリーのはてなブックマーク数

顔のない独裁者
顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い

顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い

著者
さかき漣
監修
三橋貴明
出版社
PHP研究所
初版
2013/11/13

 人が求める自由とは、斯くも苦しいものである。

 本書は、教養小説シリーズで人気を博した三橋貴明・さかき漣のコンビが送る、今までとは全く違うアプローチで書かれた経済小説。

 前三部作は、時間軸を過去に置いて史実とフィクションを織り交ぜながら、読後は未来に希望を抱けるようなエンターテインメント小説であった。しかし今回は違う。本作は時間軸を近未来に置き、完全にフィクションの世界でありながらも、後味は圧倒的に「リアル」だ。前作と何がそこまで違うのか、その特徴をもう少し具体的に説明しよう。

続きを読む

書評『希臘から来たソフィア』三橋貴明・さかき漣 このエントリーのはてなブックマーク数

希臘から来たソフィア
希臘から来たソフィア

希臘から来たソフィア

著者
三橋貴明・さかき漣
出版社
株式会社自由社
初版
2013/3/2

 人が自己を意識できるのは他人が存在するからだ。それでは、私たちはどんな時に「日本人」であることを意識するだろうか?

 本書は、経済評論家の三橋貴明と、作家・さかき漣との共作で、政治経済を題材とした「教養小説」の第三弾として書かれた小説。第一作目『コレキヨの恋文』では、国民経済と政治家について、第二作目の『真冬の向日葵』では報道と世論がテーマであった。今回は国民と祖国、そして歴史や民族文化についての物語となっている。

続きを読む

書評『真冬の向日葵 – 新米記者が見つめたメディアと人間の罪』三橋貴明・さかき漣 このエントリーのはてなブックマーク数

真冬の向日葵 - 新米記者が見つめたメディアと人間の罪
真冬の向日葵 - 新米記者が見つめたメディアと人間の罪

真冬の向日葵 – 新米記者が見つめたメディアと人間の罪

著者
三橋貴明・さかき漣
出版社
海竜社
初版
2012/9/11

 2009年9月、戦後最大の議席数を獲得し、比例区において日本の選挙史上最多の得票数を記録した民主党の「政権交代」を覚えているだろうか。

 本書は、日本中が注目した選挙劇の最中に行われたマスメディアの情報操作を題材にして、報道とは何か、そして情報とは何かを、我々「国民」に突きつける小説。 前途多難な時代の中で、私たちは何を信じ、何を疑えば良いのか? そして、日本を支配するものの正体とはいったい何なのか?

 著者はその答えを用意していた。最後まで読めば、それがはっきりと書かれている。そこが本書最大の価値である。

続きを読む

書評『里山資本主義 ― 日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷浩介・NHK広島取材班 このエントリーのはてなブックマーク数

里山資本主義
里山資本主義 ― 日本経済は「安心の原理」で動く

里山資本主義 ― 日本経済は「安心の原理」で動く

著者
藻谷浩介・NHK広島取材班
出版社
角川oneテーマ21
初版
2013/7/10

 本質は「革命的に」転換される。人の「世」も「心」も同じように。

 本書は、マネー資本主義の流れによって「経済の常識」に捉われてしまった現代人に向けて、その集団幻想から目を覚ますように訴えかける一冊。もしあなたが、今の生活に疑問を感じていたり、将来の生活に不安を抱えているとしたら、今こそこの本を手にとって「別の選択肢」に思いを巡らせてみて欲しい。

 この「里山資本主義」は、NHK広島放送局がプロデュースしたドキュメンタリー番組を下敷きにしている。そのため、著者は藻谷浩介とNHK広島取材班の共著になっているが、ここでは著者=藻谷浩介氏とする。

続きを読む

書評『コレキヨの恋文 ― 新米女性首相が高橋是清に国民経済を学んだら』三橋貴明・さかき漣 このエントリーのはてなブックマーク数

コレキヨの恋文
コレキヨの恋文

コレキヨの恋文

著者
三橋貴明・さかき漣
出版社
小学館
初版
2012/3/28(ソフトカバー)

 GDPとは何か――この質問に回答することができなかった経済学の入門者も、それを十分に理解している識者にとっても、最高に「感動できる」政治・経済エンタメ小説。

 本書は、経済系の本に書かれる内容を物語の形式で語っているため、硬い文面が苦手な読者でも気軽に読み進めることができるようになっている。私たちが暮らしている国家という枠組みの中で、経済という機能がどのような役割を果たしているのか知りたいという人にこそ読んで欲しい一冊。

続きを読む

【お金を増やす方程式】Webクリエイターも投資について考えよう! このエントリーのはてなブックマーク数

お金を増やす方程式

終身雇用制度や年金制度が揺らぎ始め、組織や政府に頼った生活では安心できない世の中になってしまいました。しかし、私たちにはインターネットという便利な道具がもたらされました。インターネットを使えば、今まで手に入れることが難しかった情報が簡単に手に入ります。オンライン取引も簡単に始めることができます。

Web業界は転職する比率が高く、トレンドの移り変わりが速いので長期的に見ると不安定な職業であると言えます。その代わり、アイデアとやる気さえあれば、自由に仕事を創造することができる分野でもあります。

インターネットの普及によって、投資はますます身近な存在になっています。将来独立したいという目標を持っている人には、投資の概念が必ず役に立ちます。また、東日本大震災や、サブプライムローンが引き起こした金融危機など、社会的な混乱が生じた場合に、一つの組織や収入源に依存していては大変危険です。想定外の事態に対する逃げ道の一つとしても、投資は役に立つのです。

今回は、投資に興味はあるけど、よく分からない。そんなネットユーザー向けのエントリーです。

続きを読む
SNSをフォロー
カテゴリー
タグで絞り込む
アーカイブ
ソーシャルブックマーク
リンク